★2018年2月9日沖縄キャンプ最終日レポート


本日、チームはキャンプ最後の日程を迎えました。メニューはヴァンラーレ八戸とのトレーニングマッチ。

今日も沖縄は青空と眩しいくらいの太陽の光が注ぐ暑いくらいの陽気。最終日がキャンプイン以降でもっとも気温が高くなりました。




試合はすでにお知らせしたように1-4という残念な結果でした。前日のガンバ大阪戦に出場している選手も起用しており、疲れやキャンプ終盤の精神的な疲労などもあったかもしれません。

後半に逆転を許すと、集中力が途切れたのか終盤に立て続けに失点。最終日としては非常に重い雰囲気でトレーニングの拠点を離れました。

とはいえ、ロティーナ監督は「開幕前にしっかりと課題が出たことが収穫」と、この敗戦からレギュラーシーズンに向けた成長のための要因を見出していました。

キャンプの最後の最後にしでかしたのが、レポートをお届けしてきた広報担当。毎日、宿舎からグラウンドまでの移動で使用してきたレンタカーのスイッチを切り忘れ、バッテリーがあがってしまいました。



西原町のスタッフの皆さん、最後の最後にご迷惑をお掛けいたしました。

例年、キャンプ地からの帰りは慌ただしいスケジュールで動くことが多いのですが、今年は帰りの飛行機を遅くして、宿舎に戻ってから余裕を持って帰り支度ができました。

出発前には、お世話になったホテルの総支配人から激励の言葉をいただき、チームからは選手を代表して井林選手がお礼の挨拶をさせていただきました。






チームは無事21:00頃に羽田空港に到着し、チームバスでクラブハウスへと戻りました。明日1日の休みを挟み、明後日11日には『VERDY FAMILY FES.2018』で、チームは皆様の前に戻ってきます。

現地にお越しいただいた皆様、キャンプレポートやSNSの投稿をご覧いただいた皆様、沖縄キャンプの12日間ありがとうございました。

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.