★井林章選手「自分たちのスタイルで戦うことを90分間継続できたことが逆転に繋がった」


▽東京ヴェルディは3月11日、味の素スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第3節で松本山雅FCと対戦し、2-1で勝利した。この試合後にDF井林章選手がインタビューに答えた。井林選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 3 井林章選手】
――粘ってきっちり逃げ切りましたね
「相手が思ったほど放り込んでこなかったので、そこはちょっと相手のプランミスもあったと思います」

――相手の最前線の永井龍選手に対するタイトな寄せを強調していましたが
「永井選手にしても高崎選手にしてもあそこで収まってしまうと、カウンターや勢いに乗って攻撃に出てくるので、そこはファウルでも止めることを意識し、相手にとって嫌なイメージを与えることも意識していました」

――相手の前線のメンバーと並びが開幕2試合と変わった中で守備ではどの部分に気を配りましたか
「ただ、セルジーニョ選手のポジションが結構曖昧でウッチーとも話していましたが、少し2トップ気味になったり、変則っぽかったので柔軟にやっていくことを意識していました。そこはうまく対応できて良かったと思います」

――開始早々に失点を喫した際、どんな心境でしたか
「我慢強く戦っていかないといけない相手に対して、早い時間帯の失点はちょっと想定外でした。ただ、自分たちのスタイルで戦うことを90分間継続できたことが逆転に繋がったと思います。早い時間帯の同点ゴールも良いキッカケになったと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.