★上福元直人選手「簡単に崩れないというのが今のヴェルディの良さ」


▽東京ヴェルディは3月11日、味の素スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第3節で松本山雅FCと対戦し、2-1で勝利した。この試合後にGK上福元直人選手がインタビューに答えた。上福元選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:GK 21 上福元直人選手】
――試合を振り返ってください
「個人的には相手への苦手意識なく入れましたが、初めから難しい相手の難しい試合になると思っていました。ああいう形で早い時間帯に失点して、チームとしてゲームプランが崩れる展開になりましたが、ヴェルディらしく守備の部分をオーガナイズして粘り強く守れたこと。早い時間帯に同点に追いつけたことが大きかったです。ただ、チーム全員が守備の部分でもう一回締め直してできたことが大きかったと思います」

――個人としてはクロスへの飛び出しやシュートストップで存在感を示せたと思いますが
「個人的にはまだまだクオリティの部分で反省点がありますが、チームを助けられた部分や自分自身のスタイルを全面に出した結果、それが勝ち点3に繋がったという部分で良かったとも思っています」

――前節のヴァンフォーレ甲府戦ではビルドアップの場面でGKを使い切れなかったという反省点もありましたが
「ゴールキックに関しても相手が前からタイトに来ていたので、そこで何度か繋ぐ部分でうまくいかない感覚もありました。ゲームの中でドウグラスやアランが競り勝てている印象もあったので、あまり近くに繋ぐことをこだわらずに2人が一対一になっていれば、積極的に長いボールを意識しました。そういう修正は悪くなかったと思います」

――今日に関してはロングボールに関してドウグラス選手やアラン選手のところでかなり競り勝てていた印象ですが
「相手のセンターバックはリーグ屈指の高さを誇る選手で個人的にはそこに入れてもという感覚でしたが、いざ試合の中ではドウグラスだったりのパワーが予想以上だったので、チームとして収まっている印象がありました。もっと後ろからショートパスを繋いで相手を剥がしていくことが理想ですが、ピッチコンディションや味方と相手との状況を判断しながらやり方を修正していったことが、結果的に相手を引っくり返すという部分でうまく機能したと思います」

――今季初の先制点を許す展開でしたが、
「早い時間帯に失点したことでチームとして間違いなくダメージはありましたが、時間も長く残っていて、ここから崩れなければ十分にチャンスはあると思っていました。そういう部分でみんなが慌てなかったことが良かったと思います。また、そういう場面で崩れないというのが今のヴェルディの良さだと思います。もちろん、早い時間帯の失点や先制点を与えないことが理想ですが、こういう形で逆転勝利できたことはチームの自信に繋がると思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.