★内田達也選手「言われていたことをきっちりやった結果」


▽東京ヴェルディは3月11日、味の素スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第3節で松本山雅FCと対戦し、2-1で勝利した。この試合後にMF内田達也選手がインタビューに答えた。内田選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 8 内田達也選手】
――今日は守備陣との連係でうまく守り切りましたね
「いつも通りでした。相手に高くて強い選手が入って来てロングボールやクロスが多くなることは試合前からわかっていました。後ろで撥ね返して前の中盤の3人がセカンドをできるだけ拾うという、言われていたことをきっちりやった結果だと思います」

――試合最終盤にカウンターからの絶好機もありましたが
「他の選手がカウンターに行くときは時間帯的に相手陣内の角まで行ってほしいと思っていましたが、僕の場面ではゴールを奪える可能性が大きかったのでゴールを目指しました」

――リードした後の試合運びに関してはいかがでしたか
「手ごたえはあまりないですね。前半はリードした後も良い感じでしたが、後半は少しガラッと変わってしまいました。良い形を90分通してやることが大事ですね。特に、後半はピッチサイドのイバンや監督ももっとボールを回してほしいと言っていました」

――後半は相手がボールを持つ時間が長くなりましたが、あの展開でもっと自分たちがボールを支配したかったというイメージですか
「前半のようにやれればというのが理想ですが、相手も迫力が出てきていたので難しかったですね。ただ、それを撥ね返せるぐらいの自信がほしいですね」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.