★平智広選手「ギリギリ隠しながらやっていた」


▽東京ヴェルディは4月15日、えがお健康スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第9節でロアッソと対戦し、0-0で引き分けた。この試合後にDF平智広選手がインタビューに答えた。平選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 5 平智広選手】
――チームの始動後まもなく負傷離脱し、復帰してトレーニングマッチを挟んで、割とすぐに実戦復帰となりました。手応えはいかがですか?
「外から見ていて、試合内容はある程度は分かっていたんですが、今日の試合は自分が出たことでもそんなに変わらなかったのかなというのが今日の感想です」

――守備の部分ではだいぶ違ってきたと感じます。
「ただ、前の試合も守備は安定していて安心して見ていられたので、その部分はいいとして、皆も分かっているのですが攻撃面での課題というのは今日も克服はできなかったかなと感じています」

――攻撃の起点という意味では、平選手から巻いたボールで縦に良い形で入る場面がありました。
「奈良輪さんが高い位置をとってくれれば、そこのスペースを使って、こちらのサイドは攻略できると思っていたので、裏に走ってくれたらシンプルに出すことを考えていました。またカルロスがおりてきたらシンプルに使うようにしました」

――90分を通して、コンディションなどは大丈夫でしたか?
「大丈夫ではなかったですが、なんとかギリギリ隠しながらやっていました」

――次は西が丘でホームゲームです。
「ホームでは勝たないといけないと思っているし、ここ数試合はホームで引き分けが続いているので、西が丘では勝ち点3をとれるように準備をしたいと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.