★渡辺皓太選手「相手の良さを消しながら自分たちは点をとりたかった」


▽東京ヴェルディは4月15日、えがお健康スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第9節でロアッソと対戦し、0-0で引き分けた。この試合後にMF渡辺皓太選手がインタビューに答えた。渡辺選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 33 渡辺皓太選手】
――90分を振り返ってください。
「相手の良さを消しながら自分たちは点をとりたかったのですが、チャンスはありましたが決め切れないままでした。それが引き分けで終わった要因です」

――守備の部分では切り替えが早かったと思います。4試合連続無失点です。
「守備は自信を持っていいと思うのですが、攻撃はなかなか点がとれていなくて、そこは改善していかないといけないです。個人的には、シュートは打てていたんですが、その精度がまだまだで、そこを上げていかないと厳しいと感じています」

――チームとしての攻撃の課題は?
「距離感よくパスをつないでいる時は良い攻撃ができるので、味方同士の距離感を意識しながらプレーしたいです」

――次節に向けて、サポーターにメッセージをお願いします。
「次はホームですし、たくさん点を獲って勝ちたいと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.