★井林章選手「チームとして失点を上回る攻撃を出していきたい」


▽東京ヴェルディは5月6日、味の素スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第13節でツエーゲン金沢と対戦し、0-1で敗戦した。この試合後にDF井林章選手がインタビューに答えた。井林選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 3 井林章選手】
――試合を振り返ってください
「決めるべきところを決めた相手に対して、ウチはチャンスを作れなかったわけではないですが、それを決め切れなかったことが結果に出たと思います」

――失点場面に関しては直近2試合と同じような斜めのパスを通されてからの失点でしたが
「あの瞬間にラインが合っていなかったことは先ほど映像で確認しました。まずはあそこを通させないことが大事ですが、入ってきたボールに対して自分がもっと寄せるべきでした。さらにセカンドボールに対する周囲の反応など、色々な要素が重なった失点なのでチームとして考えたいです」

――相手がマンツーマンで守ってくる中で崩すイメージは?
「3人目の動きというのはずっと言われていて奥にボールを当てて前向きにサポートして、そこからという形を作りたかったです。ただ、その形からなかなか決定的な場面を作れなかったです」

――先日の山形戦に近い試合展開でしたが
「どっちに転んでもおかしくない、タフな試合でした。そういう展開の中でチャンスを生かせればウチに転んでもおかしくない試合だったので、そういうところをもっと突き詰めていきたいです。やっぱり、点を取られてしまうと勝てないチームにしてはまずいですし、あとは雰囲気も変えていく必要があります」

――選手の特徴もありサイドから崩していくイメージがなかなか作れなかった印象ですが、改善点はどのように考えていますか
「最悪、個人で突破できなくてもクロスを上げられればいいのですが…。今は少し難しいですね。チームとして考える部分でもあり、サイドの選手が質を上げていくことも必要です」

――10戦無敗から3連敗と難しい状況が続いていますが
「負けていない時期は僕たちが何とか我慢できていましたが、今のように失点する流れがあるときにチームとしてそれを上回る攻撃を出していければ、良い意味でまた噛み合ってくると思います。こういうときに失点から上回る攻撃を出せないようですと、チームとしては厳しくなりますしこれ以上、上には行けなくなってしまいます。やっぱり、J1でも上の順位にいるチームはこういう展開でも引っくり返しますし、そういった部分が本当の強さだと思います。チームとして色々と考えていきたいです」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.