★渡辺皓太選手「ただ単にクロスを入れただけではゴールは奪えない」


▽東京ヴェルディは5月6日、味の素スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第13節でツエーゲン金沢と対戦し、0-1で敗戦した。この試合後にMF渡辺皓太選手がインタビューに答えた。渡辺選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 33 渡辺皓太選手】
――試合を振り返ってください
「なかなか相手を崩せなかったです」

――前半に関してはいつもに比べてボールに絡めない状況でしたが
「前半はよりサイドに張っていることが多かった影響でした。後半に関してはフォワードの近くにポジションを取って崩し切れませんでしたが、何度か連係して絡む場面は増やせたと思います。それをもっと出して行きたかったです」

――やるべきことはやった中での難しい試合だったという印象ですか
「いや、ただ単にクロスを入れただけではゴールは奪えませんし、そこを工夫していかないと厳しいと思います」

――試合終盤は李栄直選手を起点にロングボールを使っていく中で意識した役割を教えてください
「セカンドボールを一番意識しました。同時に高い選手が入ってきたので、まずはサイドに散らしてそこから高さを生かすイメージでした」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.