★林昇吾選手「連戦の疲れが出ていた印象」


▽東京ヴェルディは5月6日、味の素スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第13節でツエーゲン金沢と対戦し、0-1で敗戦した。この試合後にDF林昇吾選手がインタビューに答えた。林選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 15 林昇吾選手】
――試合終盤は李栄直選手らの高さを生かすシンプルな攻めが続きましたが
「ヨンジ君が入っている時点で個人的にクロスを多く上げていこうと思っていました。もっと、上げられたと思います」

――マンツーマンの相手守備に対してサイドではどんな打開のイメージを持っていましたか
「時間もなかったので崩すというよりも放り込んでいくイメージでした」

――先日の山形戦に近い内容の試合でしたが
「相手もドゥグにボールを集めてくることがわかっていて、そこを潰されるとコチラの形を作れなかったです。ドゥグが潰されるならサイドで数的優位を作ったり、個人の突破を見せないとダメでした」

――前線で競った後のセカンドボールに拾い合いで今日は劣勢を強いられた印象でしたが
「試合を通して相手の方が反応が速く、こちらは連戦の疲れが出ていた印象です」

――10戦無敗からの3連敗で厳しい状況が続いていますが
「正直状態は良くないですが、やることは変わらず、絶対に結果は付いてくると思うので、引き続き頑張っていくだけだと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.