★ロティーナ監督「チームは自信を失っているように見える」


▽東京ヴェルディは5月6日、味の素スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第13節でツエーゲン金沢と対戦し、0-1で敗戦した。この試合後にミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が公式会見に出席した。ロティーナ監督の会見コメントは以下の通り。

【試合後監督コメント: ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督】
――試合を振り返ってください
「ここ最近のホームゲームと似たような試合になりました。ボールは支配していましたが、チャンスを作るのが難しかったです。ほとんど決定的なチャンスを作れていないので、それで勝つのは難しいです。さらに、ちゃんとポジションについているにも関わらず、簡単にゴールを許してしまいました。チームは自信を失っているように見え、とても心配しています」

――前半に関して選手たちがボールを受けるのを恐がっているように見えましたが
「最近の結果が影響しているのかはわかりませんが、ナーバスな状態で試合に入っていたように見えました。今、最も重要なことは自信を取り戻すことです」

――ボールを支配しているものの、決定機が作れていない要因に関してはどのように考えていますか
「少しずつ色んな要素が重なっていると思います。センタリングが精度を欠いていたり、1対1で突破できないなど、たくさんの要素が少しずつ重なっていると思います」

――チームとして崩しの形を共有できていないのか、ピッチ上の選手がそれを実行できていないのか、どちらだとお考えですか
「チームの共通意識を持ってトレーニングしていますが、試合ではなかなかチャンスを作れず、ゴールを奪えない状況が続いています」

――久々の出場となった李栄直選手を投入した狙いを聞かせてください
「ヨンジは我々のチームの中盤の選手の中で最もゴールに向かっていくプレーができる選手です。エリアに入っていくことができる選手です。そういった理由で彼を入れました」

――苦しい状況を打開するために選手が自信を取り戻す以外の手立てをお考えでしょうか
「自信を取り戻す以外に特別な方法はないと思います。良いトレーニング、良い準備を続けて自信を取り戻すことが一番大事だと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.