★奈良輪雄太選手「ずれていたら少し修正するような選手が必要」


▽東京ヴェルディは5月12日、維新みらいふスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第14節でレノファ山口と対戦し、3-4で敗戦した。この試合後にMF奈良輪雄太選手がインタビューに答えた。奈良輪選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 24 奈良輪雄太選手】
――4連敗という現状はどのように捉えていますか。
「どの選手も最低限のプレーはしているとは思うんですが、それを勝ちにつなげるには、大きく変えるわけではありませんが、少しずれていたら少し修正するような選手が必要です。それが若い選手がベテランなのかは分かりませんが、個人的にはずっとゲームで使ってもらっているので、今のままではいけないと思っています」

――カルロス選手とのコンビネーションは進歩が見えました。
「カルロスはボールを持ったり、高い位置でプレーすることが彼の持ち味を出せると思うので、守備の部分で彼を低い位置にしないように、できるだけ気持ちよくプレーさせられるように意識してやってきました」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.