★林陵平選手「冷静にキーパーを見て決め切ることができた」


▽東京ヴェルディは6月10日、デンカビッグスワンスタジムで行われた明治安田生命J2リーグ第18節でアルビレックス新潟と対戦し、2-1で勝利した。この試合後にFW林陵平選手がインタビューに答えた。林選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:FW 11 林陵平選手】
――まずは、急な出番になりましたが、試合を振り返ってください。
「アクシデントで入って、アップもしてなくて難しい入り方でしたが、冷静に自信を持って入りました」

――前半にボールを保持しながらフィニッシュまでなかなか持ち込めない中、後半に一気にペースアップできた理由はなんですか?
「ハーフタイムにイバンコーチから『このまま続けて行こう』と言われていましたし、ボールは持てていたので、『焦らずに続けていけば、必ず点はとれるよ』と言われていたので、そういう意味では自信を持ってゲームプラン通り試合を進めて逆転までいけました」

――逆転ゴールの場面、振り返ってください。
「前半から相手のセンターバックふたりの連係はあまり良くないなと感じていたので、寛也から良いスルーパスをもらって、冷静にキーパーを見て決め切ることができました」

――移籍後、2度目のゴールパフォーマンスでした。
「チームの逆転ゴールでしたし、こうしてチームが勝てたことが嬉しいですね!」

――今日のパフォーマンスのチョイスは?
「ワールドカップが近いということで、フランス代表のグリーズマンです。しっかりとカメラに撮ってもらうために、2回しました(笑)」

――チームは1か月半ぶりのリーグ戦勝利です。
「3日前の天皇杯で勝つことができて、勝利という部分で流れに乗れたと思いますし、リーグ戦は本当に勝てていなかったので、アウェーでその流れを断ち切ってホームで戦えます」

――最後にサポーターへメッセージを。
「この次の2試合はすごく重要になります。スタジアムにお越しいただけた方が気持ちが高まりますし、ぜひスタジアムに来てください!」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.