★柴崎貴広選手「相手は大学生だが良いチーム。素直に勝てて嬉しい」



▽東京ヴェルディは7月11日、味の素フィールド西が丘で行われた第98回天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会3回戦で関西学院大学と対戦し、1-0で勝利した。この試合後にGK柴崎貴広選手がインタビューに答えた。柴崎選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:GK 1 柴崎貴広選手】
――試合を振り返ってください
「とても良いチームで他のJリーグのクラブと戦っても良い戦いをするのではないかと思いました。そういうチームに勝つことができて良かったです。それにグラウンドに立てば年齢やカテゴリーは関係ないですし、まずは勝つことを考えていたのでそれができて良かったです」

――試合終盤にはかなり押し込まれてご自身のファインセーブで耐える展開でしたが
「練習でやっているパターンなどもあり、何とか止めることができて良かったです。ただ、次に同じようなシチュエーションで止められるかはわからないので、そういったところはトレーニングを通じて、まずはそういう場面を作らせないことが大事だと思うので練習からやっていきたいです」

――相手のサイドチェンジや間で受ける攻撃を前に最終ラインはかなり揺さぶられた印象ですが
「相手も良い攻撃をしていて、後半途中には疲れが出ている場面もありました。そういう意味で危険な場面もありましたが、最後のところでやらせないという感覚では個人的にすごく危なかったという印象はないです。ただ、勝ち進んでいく中でもっとそういうシーンも増えますし、次にどんなメンバーで行くかはわかりませんがリーグ戦もありますし、アピールしていきたいです」

――今季出場試合で初の無失点試合になりましたが
「富山戦は個人的にもあまり良くなかったので、今日の勝ちの方が嬉しいです。相手は大学生でしたが良いチームでした。失点をしないというのが個人の目標ですし、それが達成できれば負けることはないので、そこは良かったと思います」

――スカウティングの材料が少ない相手に対してゴールキーパーとして最も意識する部分は何でしょうか
「スカウティングに関しては材料の多さという部分で限界がありますし、少ない中でもイバンたちがうまくスカウティングしてくれた部分もあります。もちろん、わからないことがある中、イメージがない中でプレーするのは難しい気持ちもありますが、とにかく勝てて良かったです。こういう経験自体少ないですし、すべて材料を与えられた中で戦うだけでなく自分たちで考えながらやっていくという部分で良い経験になりました」

――バタバタした時間帯にベテランを中心に声掛けをしていたと思いますが
「ベテランという意味でミツルやハシさん、カジもいましたが、体力面以外では声をうまくかけて問題はなかったと思います。フレッシュな選手でもこの暑さの中でプレーするのは難しいです。試合でしたが良いトレーニングになったと思いますし、今後に繋がっていくと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.