★梶川諒太選手「負けだけは許されないと思っていた」



▽東京ヴェルディは7月11日、味の素フィールド西が丘で行われた第98回天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会3回戦で関西学院大学と対戦し、1-0で勝利した。この試合後にMF梶川諒太選手がインタビューに答えた。梶川選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 38 梶川諒太選手】
――今回母校との対戦が決定した中で最も気を付けていたことを聞かせてください
「正直、あまり試合を見ていなかったので最後のスカウティングでしか確認していなかったので特徴を掴み切れていなかったです。ただ、負けだけは許されないと思っていました。今日はBSでも放送があることを知っていましたし、仮に負けてしまえばしゃれにならないと思っていました。(笑) だから、とにかく勝てて良かったと思います。内容を見れば恥ずかしいですが…」

――楽しみな気持ちよりも負けられない気持ちが強かったでしょうか
「そうですね。なかなか母校と対戦する経験はありませんし、大学生は相手を食ってやろうという気持ちで来ます。自分自身、大学生のときはプロとできるというときには練習試合であれ、そういう意気込みでした。それがわかっていたのでやり辛い試合でした。とにかく今日は勝てたことだけが良かったです。勝ててホッとしたというか、試合後には不甲斐なさも感じました。ただ、勝てたという部分ではこの間の富山戦もそうですが、そこからリーグにも勝ちを繋げられるようになったので、今日の勝ちをリーグに繋げたいと思います」

――4連勝時に比べて守備面の連動性が出ていない印象ですが
「やっぱり選手も変われば難しい部分もありますし、どれだけ練習で落とし込んでいても本番は違ってきます。そういう意味で出ているメンバーはそういうちょっとしたところで差が出たかもしれません。自分としては試合に絡ませてもらっている立場なので、もう少しうまく声をかけながらバランスを取れれば良かったのですが…。練習試合もあまりやっていなくてほとんどぶっつけ本番という状況なので難しさはありました」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.