★比嘉祐介選手「試合に出ることができて一歩成長できた」



▽東京ヴェルディは7月11日、味の素フィールド西が丘で行われた第98回天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会3回戦で関西学院大学と対戦し、1-0で勝利した。この試合後にDF比嘉祐介選手がインタビューに答えた。比嘉選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 13 比嘉祐介選手】
――試合を振り返ってください
「ヴェルディで初めての試合でしたが、初めてという感じはあまりしなかったです。ただ、試合に出ることができて一歩成長できたのかなと思います」

――プレーするうえで意識したことを教えてください
「とりあえず、30分か35分という出場時間が決まっていたので、とにかくケガをしないことは自分の中でありました。その時間の中で結果を残したかったですが、0-0の状態で退いたので何もしていないという感覚です」

――対戦相手は大学生というやり辛い相手だったと思いますが
「プロとか相手が学生だとかいうことは関係なく同じ大会を戦っているので、勝った方が強いと思います。だから、特別意識したことはありません。今日は全員を入れ替えた中でそこでアピールできた選手もいると思いますし、そこでチームに競争が生まれるのでそこは今後面白くなっていくと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.