★林昇吾選手「結果を出せたことは良かった」



▽東京ヴェルディは7月11日、味の素フィールド西が丘で行われた第98回天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会3回戦で関西学院大学と対戦し、1-0で勝利した。この試合後にDF林昇吾選手がインタビューに答えた。林選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 15 林昇吾選手】
――比嘉選手との途中交代は想定されていたと思いますが、入りの部分はいかがでしたか
「最初のプレーで相手にドリブルで行かれてしまいましたが、そこからは修正しては入れました。やっぱり途中からというのは難しい面もありますが、うまく入れたと思います」

――先制点に繋がる見事なシュートもありましたが
「とりあえず、枠に飛ばそうという意識でうまくこぼれてくれればという感じだったので良かったです。あの場面では急遽サインプレーに切り替えて、自分からカジ君に伝えました。フリー過ぎていたので声をかけましたが、結果が出て良かったです。あの場面では名前を呼んだだけでしたが、カジ君がうまく察してあのボールをくれました」

――試合全体を通しては難しい試合だったと思いますが
「リーグ戦でも後半に押し込まれる展開は多いですが、今日に関しては守り切れて良かったです」

――相手がサイドチェンジを使ってかなりこちらのディフェンスを広げる攻撃をしていましたが
「後半何個か間を通されてシュートまで行かれていたので、そこは改善点だと思います。スライドの速さや準備のポジショニングが大事ですね」

――後半カウンターチャンスがあった中で少し大雑把な攻撃の印象ですが
「少しドゥグ、アラン頼みの攻撃になっていたと思います」

――今日は同年代との試合でしたが、何か意識した部分はありましたか
「大学生と公式戦を戦うのは初めてでしたが、同い年や1個違いの選手がいたので気持ち的に入る部分はありました」

――夏場の連戦が続く中で今日は良いアピールができたと思いますが
「結果を出せたことは良かったですが、守備の部分をもっと修正していかないとリーグ戦に絡める回数は増えてこないと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.