★ロティーナ監督「特に良いプレーができた試合ではなかった」



▽東京ヴェルディは7月11日、味の素フィールド西が丘で行われた第98回天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会3回戦で関西学院大学と対戦し、1-0で勝利した。この試合後にミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が公式会見に出席した。ロティーナ監督の会見コメントは以下の通り。

【試合後監督コメント: ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督】
――試合を振り返ってください
「前半は良いプレーができていました。ゲームを支配してあまり問題も起こりませんでした。後半は我々のプレーが重くなり、逆に相手が良いプレーをしていました。サイドチェンジをしながら我々のディフェンスにとっては難しいプレーをしていました。その中でもディフェンスは集中してやれていました。特にキーパーのシバはピンチを防いでくれました。我々にとっては特に良いプレーができた試合ではなかったです。特に体力面に関しては後半に問題が出ました。出場機会が少ない選手が2、3人であれば大きな問題にはなりませんが、それが11人全員出場機会が少ない選手になると、後半に問題が出てくることは想定していました」

――今季初出場となった比嘉選手の交代時間と評価を聞かせてください
「まず30分という時間に関してはドクターからその時間しかプレーできないと聞かされていたからです。彼は長い間、プレシーズンもほとんどプレーできていなかったにも関わらず、良いプレーをしていたと思います」

――後半プレーが重くなった理由は体力面の問題でしょうか
「何が原因だったかを特定するのは難しいですが、体力面はそのひとつだと思います。他には相手が非常に良いプレーをしていたということです。サイドチェンジを使いながらグラウンドをワイドに使って攻めていました。我々のスライドが少し遅れるなど難しい試合でした」

――守備に関しては選手の動きがバラバラになって中央を割られる場面が目立った印象ですが
「その通りだと思います。ただ、出場機会が少ない選手が多くいる中でどうしてもこういったことはあると思っていましたし、特に驚くことはなかったです」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.