★平智弘選手「相手のゲームプラン通りになってしまい悔しい」



▽東京ヴェルディは11月4日、サンプロアルウィンで行われた明治安田生命J2リーグ第40節で松本山雅FCと対戦し、0-1で敗戦した。この試合後にDF平智弘選手がインタビューに答えた。平選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 5 平智弘選手】
――試合を振り返ってください
「自分たちのサイドのストロングを消しに来た相手の戦術に嵌ってしまったというのが前半の印象です。相手の守備が良かったと思います」

――セットプレーからの失点でしたが
「相手に良いキッカーがいることは知っていましたし、そこで自分たちがもっと何をできるかを今後に生かさないとダメです。あそこは良いボールを入れられてしまいました」

――後半はボールを持てる中でクサビのボールがなかなか収まらなかった印象ですが
「あそこを入れていかないと相手を中央に寄せることができませんし、サイドは相手がかなり意識していました。ボールが入った後の相手の寄せも早かったです。ただ、相手が前から来なくなって自分たちがボールを握れる流れの中で何とか1点を取りたかったですが、相手のゲームプラン通りになってしまい悔しいです」

――ここ最近、チームのストロングになっている泉澤選手のところを徹底マークで抑え込まれたことが痛かったでしょうか
「試合を見てもわかるように相手はかなりマンツーマン気味にディフェンスしてきたので、そこを潰されてしまったことで自分たちのやりたい形の攻撃をなかなか出せず、アーリークロスだけになったことは反省点です」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.