★ドウグラス・ヴィエイラ選手「自分たちの可能性を信じ続けて最後のロスタイムまで戦い続けた」



▽東京ヴェルディは12月2日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われた2018J1参入プレーオフ2回戦で横浜FCと対戦し、1-0で勝利した。この試合後にFWドウグラス・ヴィエイラ選手がインタビューに答えた。ドウグラス選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:FW 9 ドウグラス・ヴィエイラ選手】
――試合を振り返ってください
「この試合は非常に難しい試合で横浜さんも引き分けではなく勝ちに来た、非常に重い試合でした。ただ、その中で僕たちは自分たちの可能性を信じ続けて最後のロスタイムまで戦い続けた結果、幸いなことに自分のところにボールが転がってきて決められて良かったです」

――ゴールを振り返ってください
「もちろんセットプレーが大きなチャンスになるということは想定していました。どんな形でもゴールを奪うために、チームがひとつになりました。自分自身だけでなく全員が集中して、最後のロスタイムまで戦ったその結果が、ゴールになったのだと思っています。あのシーンでわかることは、我々チーム全員がゴールに対しての執着心だったり、ゴールするという意欲を見せたということです。決めたのは自分ですけども、チーム全員の想いだったり、カミが上がってきたり、全員がああいう想いでゴールを生み出した。そういうふうに自分は思います」

――劇的ゴールをお膳立てした上福元選手へのコメントをお願いします
「また次の試合も自分にアシストしてほしいと言いたいです」

――J1昇格まであと一歩のところに来ましたが
「自分たちは今シーズンを戦い続けてきました。チームとしてひとつになって戦い続けた結果がこういう形に繋がっています。最終節までプレーオフに進出できるかわからない難しいシーズンでした。プレーオフに入ってもアドバンテージがなく非常に難しいゲーム2試合を戦ってきました。その自分たちが結果を残して戦い続けてきたおかげでチーム力も上がってきています。次の試合では相手をリスペクトしつつ、開幕から自分たちがやってきたスタイルを継続して良い準備をして必ず次の試合で自分たちが掲げてきた大きな目標であるJ1昇格を掴み取りたいと思っています」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.