★井林章選手「より危機感を持った守備ができている」



▽東京ヴェルディは12月2日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われた2018J1参入プレーオフ2回戦で横浜FCと対戦し、1-0で勝利した。この試合後にDF井林章選手がインタビューに答えた。井林選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 3井林章選手】
――試合を振り返ってください
「何とかゼロで長い時間保てていたからこそのああいう形の勝ち方だったと思います」

――後半終盤は焦りから少しミスも増えていましたが
「確かに焦りはありましたが、あそこはリスクを冒して点を取りに行かないとならない時間帯でしたし、どんどん前にプレーしていく必要がありました。いつものリーグ戦であれば、自分たちのやりたいような落ち着いた回し方でも良かったですが、時間が経てば経つほど精神的な部分での焦りは出ていました」

――終盤の相手カウンターをゼロで凌いだことが大きかったですね
「カウンターは想定していました。自分たちはリスクを冒して攻めないといけないので、とにかく決められなければいいという感覚でした」

――相手のキーマンであるレアンドロ・ドミンゲス選手が出場するか否かという部分で幾つかゲームプランも用意していたと思いますが
「ウチの守備に関しては大きくやり方は変わりませんが、彼がいることによってセットプレーの幅は大きく広がるので、ファウルをする場所に関してできるだけ遠くにするという意識は持っていました」

――同じくキーマンのイバ選手に対しては平選手と共にタイトに守っていましたが
「最低限の仕事はできたと思います。まず彼に点を取らせないという部分が一番大事で一仕事させなかった点は良かったと思います」

――なかなか点が入らないという部分で苦しさもあったと思いますが
「相手も大宮戦を見ていたと思いますし、ああいうふうに緩く入ってくることはないと思っていましたし、難しい試合になりました」

――ファウルの多さや遅延行為などメンタル面で我慢が必要な中、メンタル面で意識したことを聞かせてください
「僕自身はできるだけ落ち着いてやろうというのはみんなに声をかけていました。相手の遅延行為にイライラしてしまうことで自分たちのプレーの精度を落としてしまうのはよくないので、相手の使っている時間帯に積極的に声をかけていました。ちょっとカードが多くなったり、無駄なプレーもあったので次はもう少し減らしたいです」

――1人少ない中で勝ち切った大宮戦、今日も苦しい展開で勝ち切ったことで大きな自信が芽生えているのではないかと思いますが
「こういう大事な試合でセットプレーは重要になってきますし、自分たちが勝たないといけない立場の中で失点をしてはいけないという部分でより危機感を持った守備ができていると思っています」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.