★林陵平選手「昇格請負人という部分は自分の中で持っている」



▽東京ヴェルディは12月2日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われた2018J1参入プレーオフ2回戦で横浜FCと対戦し、1-0で勝利した。この試合後にDF林陵平選手がインタビューに答えた。林選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:FW 11 林陵平選手】
――理想的にはもっと押し込みたい試合だったと思いますが
「そうですね。ただ、相手もすごくハードワークしていましたし、大宮さんとは違い前からプレスに来る感じだったので前半はああいう展開を予想していました。その中でも焦れずにやれたことが最後のゴールに繋がったと思います。大宮戦で0-0でも大丈夫だという自信が付きましたし、特に後半に必ず自分たちがゴールを取れる自信があったのでブレずにやれたと思います」

――前半は相手の最初のプレッシャーラインを越えることに苦労していた印象ですが
「試合は相手によってプレスのかけ方によって変わってきますし、今日のような展開もあります。それでも、自分たちがやろうとしていることを見せようとトライし続けていたことが一番大事なことだと思います。それがなければああいう展開の中でブレてしまいますが、自分たちには今のやり方にこだわっていくことができていたので、そこは良かったと思います」

――劇的ゴールの瞬間の感情を聞かせてください
「なかなか味わえない選手冥利に尽きるものでした。ああいうピッチに立てるのは22人の選手だけですし、フルタイム使ってもらえる喜びもありました。その中で自分が柏と山形で昇格しているので昇格請負人という部分は自分の中で持っていると思います。そういう意味での自信や運は大事だと思います。本音を言えば、これですんなりと昇格でいいと思いますが、今のチームなら必ずやれると思いますし、そこで勝ってこそJ1に行けると思うので、ここまで2連勝してあと一回というところです。みんなで同じ方向を向いてやっていきたいです」

――プレーオフ2試合で違った苦しさを乗り越えての勝利ですが
「こういう勝ち方をしていくチーム、ノッテいるチームはトーナメントを戦ううえで大きいです。今日のような試合を勝ち切れる強さが付いてきたことは大事です。ただ、残りひとつジュビロさんに勝つことが一番大事です。それに向けて良い準備をしていきたいです」

――こういう勝ち上がり方をしてきたチームは対戦相手にとって非常に嫌な存在だと思いますが
「それは間違いないです。ビビっているという感じではないですが、嫌な相手だと思っていると思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.