★井上潮音選手「もう少しいつも通りにプレーできれば」



▽東京ヴェルディは12月2日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われた2018J1参入プレーオフ2回戦で横浜FCと対戦し、1-0で勝利した。この試合後にMF井上潮音選手がインタビューに答えた。井上選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 20 井上潮音選手】
――前半のアクシデンタルなカードで個人的に難しい展開になりましたが
「ああいう判断の部分でみんなテンションが高くプレーしている中、もっと冷静にやる選手や状況に応じてプレーできるのが良い選手だと思うので、そこは今日学んだところです」

――前半は相手の最初のプレッシャーラインを越えることに苦労していた印象ですが
「片方のサイドに引き付けて逆サイドに展開することが狙いでしたが、片方のサイドで嵌められてしまい、そこで終わってしまった印象です。もっとボランチやキーパーをうまく使いながら落ち着いてビルドアップできれば良かったのかなと思います」

――相手のプレッシャーを感じた部分も大きかったですか
「それもありましたし自分たちの動きが硬かったというか、メンタルの部分で回りが見えていない選手が自分を含めて多かったと思います。もう少しいつも通りにプレーできれば、もっと良い戦いができたと思います」

――大宮戦を経験したうえでもメンタル面で難しさがありましたか
「大宮戦とはまた違う雰囲気でしたし、何か違った気持ちを選手みんなが持っていたと思います。それは次も変わってくると思うので、自分たちが最大限のプレーをできるように準備をしていきたいです」

――ボランチとしては内田選手不在でいつも以上に守備のリスク管理を意識する試合になったと思いますが
「バランスを取ることは意識しましたが、それで自分の良さが出ないというのはダメなのでそこも意識しました。とにかくバランスを意識しました」

――ファウルで頻繁にプレーが止まる、リズムに乗りにくい展開でしたが
「ああいう形でプレーが止まらず、続いていくことでセカンドボールを拾って自分たちの時間に持って行くこともできたと思いますが、ファウルで相手のリスタートが続くなど難しい展開でした。それでも、我慢しながら戦いゼロで凌いできたことが勝利に繋がったと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.