★香川勇気選手「下から這い上がって来るチームの強さを見せたい」



▽東京ヴェルディは12月2日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われた2018J1参入プレーオフ2回戦で横浜FCと対戦し、1-0で勝利した。この試合後にDF香川勇気選手がインタビューに答えた。香川選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 4 香川勇気選手】
――サポーターを煽る場面もありましたが
「自分たちにとってサポーターの声援は重要なのでそこは一緒に戦ってくれているので、そこは気持ちを出せたと思います」

――劇的ゴールの瞬間はどんな感情でしたか
「自分は入る瞬間、その前から全部見えていたのですごく感情が昂ったというか嬉しかったです」

――相手のカウンターのキーマンである北爪選手とのマッチアップで意識した点を聞かせてください
「自分たちがボールを持っているときはしっかりと引いてスペースを消してきていたので、そこは押し込んでいけたと思います。ただ、カウンターの場面でスピードに乗って自陣まで進入される場面も多かったので、そこは課題というか、もっと前の位置で止めていかないとダメです。次の相手は磐田なので決定力もあるので、そこは改善、反省していきたいです」

――前半はビルドアップで片側に寄せてから逆サイドまで展開し切れない状況が続きましたが
「大宮戦とは違い相手が5枚でブロックを敷いてしっかりと対策を取って来ていたので、そこは前半に関して思うようにできなかったです。ただ、後半は少し空いてきた部分で一対一での仕掛けやバイタルで空く場面もあったので、その流れの中で点を取れれば良かったです。それでも、最後に点を取って勝てたことは大きいです」

――ゼロで抑え続けてきたことが勝利を得るうえで大きなポイントだったと思いますが
「相手は引き分け以上で上がれるレギュレーションがある中で先に失点してしまうとかなり厳しいのでディフェンス陣は後半危ない場面もありましたが、そこを身体を張って守れたのは自信になっています。大宮戦もゼロで終えられているので自信になっています」

――後半は焦りからか自分たちのミスで流れを失う場面もありましたが
「オープンな展開にしてしまった部分はありましたが、0-0で保てたことは自分たちのプランを大きく崩すことなくやれたと思いますし、1点を取って勝つという形はできました」

――大宮戦での成功体験も今日の勝利に繋がっていますか
「0-0で最後まできていたのでそこはブレずに前回と同様に1点を取りに行くという戦い方ができました」

――プレーオフ2試合で違った苦しさを乗り越えての勝利ですが
「後半の最後の方に点を取って勝てたことは普通の勝ち方よりも勢いに乗ることができます」

――こういう勝ち上がり方をしてきたチームは対戦相手にとって非常に嫌な存在だと思いますが
「逆の立場だと自分たちを相手にするのは難しい気持ちだと思います。次の相手は磐田ですが、J1のプライドを持って戦ってくると思いますので下から這い上がって来るチームの強さ、こういう勝ち方をしてきたチームの強さを見せられたらと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.