★近藤直也選手「みなさんに勝利を届けられたという部分ではひとつ自信になった」



東京ヴェルディは3月9日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田伊生命J2リーグ第3節でツエーゲン金沢と対戦し、2-1で勝利した。この試合後にDF近藤直也選手がインタビューに答えた。近藤選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 3近藤直也選手】
――ヴェルディデビューで初勝利を手にした今日の試合を振り返ってください。
「個人的には開幕前にケガをしてしまい、チームに迷惑をかけてしまいましたが、ホーム開幕戦でしたしどんな形でも勝利をサポーターのみなさんに届けたいというところで、立ち上がりは少しバタバタしてしまいましたが、全体を通してうまくマネジメントできたのかなと思います」

――開幕2試合と同様に先制を許す厳しい入りになりましたが。
「1点先に取られるという展開になりましたが、早い時間帯に追いつけたことは大きかったです。ここ2試合勝てていなかったので、その中で先に失点してしまうと、少し気持ちが落ちてしまいがちですが、そこは陵平のスーパーゴールでしたが、同点にできたのは大きかったです」

――課題とされるバイタルエリアのスペースを相手に使われる場面が立ち上がりに目立ちましたが。
「そこは少しずつ修正していきたいです。ちょっと落ち着き始めた時間に点が入ったのが大きかったと思います。中では細かいところは修正しています」

――今季初出場になりましたが、個人としてのコンディションはいかがでしたか。
「練習合流から日にちがあまり経っていなかったので、ドクターからは90分のプレーは難しいと言われていましたし、個人的にも少し不安はありましたが、ケガなく終われたことは良かったと思います。GPSで確認しないとわからないですが、それほど動いてもいなかったので(笑)」

――前後半の立ち上がりで苦戦しましたが、キャプテンとして特別な声掛けはありましたか。
「そういうことはよくあることですし、立ち上がりが悪いときに効果的なものがあれば、もちろんやりますが、サッカーとはそういうものではないので。相手の時間帯も流れも必ずあるので、そういう時間帯にいかに団結してというか、声を掛け合うことが大事です。一人で守ることはできないので、みんなでスペースを消しながら守る形にしていました。こういう苦しい試合を取れたことは大きいですし、あと1点取れるチャンスもありましたが、そういうところで取り切れると上にも行けると思うので、取れるときにきっちり取ることと後ろもしっかりと集中して守るという部分はやっていきたいです」

――後半終盤の試合運びは2-1のスコアで終わるという共通意識でしたか。
「終盤はもちろんそうですが、その中でもチャンスがあれば点が取れればいいとは思っていましたが、あまりリスクは負わずにという意識でやっていました」

――新天地での初勝利を手にしてホッとしているという感覚でしょうか。
「そうですね。チーム自体も勝てておらず、ホームだったのでしっかりとサポーターのみなさんに勝利を届けられたという部分ではひとつ自信になったのかなと思います。これを継続してやっていきながら勝ち癖を付けていくではないですが、そういうチームを作り上げて行ければなと思います」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.