★小池純輝選手「幅を作って縦に勝負するイメージ」



東京ヴェルディは3月9日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田伊生命J2リーグ第3節でツエーゲン金沢と対戦し、2-1で勝利した。この試合後にMF小池純輝選手がインタビューに答えた。小池選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 19 小池純輝選手】
――前節の左サイドから右サイドに移っての試合でしたが。
「前回は左での起用でしたが、特に理由はわかりませんが今日は右でのプレーでした。僕のサイドではどちらかというと幅を取ってサイドに張って仕掛けるというか、そういう形からチャンスを作るイメージでした」

――逆サイドの佐藤優平選手からのサイドチェンジを受けて縦に仕掛ける場面が目立っていましたが。
「優平があっちのサイドでボールを受けてゲームを作るのが上手なので、逆に僕は幅を作って縦に勝負するイメージは強く持っていました」

――2点目に繋がるクロスの場面を振り返ってください。
「始めは陵平君に合わすイメージを持っていましたが、少し長くなってしまったというか、手前の相手に引っ掛けたくなかったので、ギリギリのところを狙っていました。結果的にゴールに繋がって良かったです。ピッチが濡れていたという部分もあったので、低い球であればチャンスもあるのかなと思っていました」

――守備の場面ではまだバタ付く場面も見受けられましたが。
「ハマらない部分もありましたが、この一週間を通して中を閉じて外に出すという形はやっていたので、途中に修正できた時間もありました。もちろん、相手も点を取りに来ますし、自分たちの思い通りにやらせないようにしてきているので、その中での攻防になってきます。開幕2つ勝てていなくて今日勝てたことは前進できるキッカケになると思っています。これから良い方向に進んでいくと思いますし、今日の勝利は大きかったです」

――後半にも折り返しからビッグチャンスを演出しましたが。
「あそこは自分で打ちたかったですが、間に合わないと思い、ショートバウンドにもなっていたので、自分で打つのは難しいと思った中、横に陵平君がいたので折り返しました」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.