★渡辺皓太選手「練習している形がそのまま出たゴール」



東京ヴェルディは4月13日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田伊生命J2リーグ第9節でFC琉球と対戦し、1-1の引き分けに終わった。この試合後にMF渡辺皓太選手がインタビューに答えた。渡辺選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 7 渡辺皓太選手】
――ゴールシーンを振り返ってください。
「自分が試合に出られていないときや今練習している形がそのまま出たゴールだと思っています。ミドルシュートは今年、成長させていかないと思っている部分でもあり取り組んでいるところなので、その成果を出せたと思います。最近はチームとしてシュートを打てていなかったので、ああいうチャンスが来たときは自分で打とうと決めていました。」

――システム変更を行って臨みましたが感触はいかがでしたか?
「ボランチ2枚よりは前に人数をかけられるフォーメーションだと思いますし、もっと攻撃に行ければ良かったと感じています。」

――アンカーに井上選手が入る形でしたが、中央の3枚が比較的ローテーションする場面が多かった印象ですが。
「そこは自由にやって言いと言われていたので、自分としてはバランスを意識しながらプレーしていました。」

――前半から右サイドでは縦にボールを運ぶシーンが目立っていましたが。
「前に運ぶことは大事だと思いますし、誰かが無理をしないと良い攻撃になりませんし、そういう部分は意識しました。」

――システム変更もあって中盤の選手が攻撃に絡む場面が増えた印象ですが。
「個人的にはこのフォーメーションが今の選手たちの特長に合っているのかなと思います。練習でも感触が良かったので、もう少し続けていけばもっと良い攻撃が出せると思います。」

――後半も森田選手を投入するなど自分たちでボールを持って戦う意思を持ちながら終盤は受け身の展開になってしまいましたが。
「守備のところでなかなかボールを奪い切ることができなくなってしまい、そこをもっと自分たち中盤がプレスに行くところ、カバーに行くところをもっと運動量を上げて行かないと、このフォーメーションでは厳しいのかなと思います。本当は前に出たい気持ちもありましたが、全体的に重心が下がってしまいました。そこは改善しないといけないです。やっぱり、相手にずっとボールを持たれる展開は厳しいです。」

――PKまでの間、PK失敗から難しい流れになったと感じていますか?
「PKが入ったと仮定してそこからの試合運びを話し合っていましたが、入らなかったのでそのままの戦い方を継続する形になりました。」

――システムも変えた中でバイタルエリアの守備はひとつのポイントだったと思いますが。
「中盤3枚だとワンボランチの脇が結構空いてしまうので、そこの締め方や3人の守備の連係が大事になってくるので、そこはもっと詰めて行かないとダメですね。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.