★佐藤優平選手「中央の3人の関係性がうまくいった」



東京ヴェルディは4月13日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田伊生命J2リーグ第9節でFC琉球と対戦し、1-1の引き分けに終わった。この試合後にMF佐藤優平選手がインタビューに答えた。佐藤選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 9 佐藤優平選手】
――システム変更で臨んだ試合でしたが。
「試合の入りは良かったと思いますし、自分が下りることでポゼッション率も上がりましたし、そこからダイナミックに動くところは自分と皓太のところでやるということは決めていたので、それができた回数も多かったと思います。中3日の試合が続いた後に取り組んだわりに完成度は高かったと思います。ただ、今日の3人が常に出続けられるようなスキルを試合中に見せていくことが継続する力に繋がって行くと思います。今日の3枚で今後コンビネーションなどを深めていきたいと思います。」

――先制点は中央の3人の絡みから生まれた得点でしたが。
「自分は下に下りた後に真ん中に行くと決めていたので、非常にそれがうまく行って3人のバランスは常に意識しようと言っていたので、出たら誰かが戻るというのは守備も攻撃の場面でもやっていこうと言っていました。それがあの場面ではうまく機能していたと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.