★ホワイト監督「PK失敗で少しゲームの流れが変わってしまった」



東京ヴェルディは4月13日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田伊生命J2リーグ第9節でFC琉球と対戦し、1-1の引き分けに終わった。この試合後にギャリー・ジョン・ホワイト監督が公式会見に出席した。ホワイト監督の会見コメントは以下の通り。

【試合後監督コメント: ギャリー・ジョン・ホワイト監督】
――試合を振り返ってください。
「パフォーマンスはかなり良くなってきたと思います。時間帯によってはかなり相手に脅威を与えられたのかなと思います。チャンスを作り出すこともできました。このような拮抗した試合でPKを逃がしてしまうと、なかなかその後の展開が難しくなってしまうことを理解していました。もしかしたら、あそこで少しゲームの流れが変わってしまったのかなと思います。全体的なパフォーマンスに関しては満足している部分もあります。」

――システム変更の狙いを聞かせてください。
「変更した理由に関しては前にボールを運べる選手、ドリブルをできる質の高い選手が揃っているので、少し前に人数をかけたいという狙いがありました。そこからチームがやろうとしているプレーやリズムが生まれてきたのかなと思います。私たちの強みを出すためにこのシステムに変更しました。守備的なところはだいぶ良くなってきたので、ここからは攻撃的なところを構築し、チャンスを作るために創造性や自分たちが主体的にプレーしたいと考えています。」

――試合終盤に投入した河野選手に与えた守備面での役割を聞かせてください。
「ボランチを2枚にして河野を1枚でシャドーのところに入れて、林陵平のところにボールが入った後にカウンターの場面での抜け出しを期待して中盤に入れました。李栄直に関しては(森田)コウキの横に置いて試合を落ち着かせることを期待して入れました。終盤にかけて相手がゴールに直結するプレーを増やしてくると思い、それを撥ね返す意味でも起用しました。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.