★井上潮音選手「自分ができることを試合の中で見極めてやれた」



東京ヴェルディは5月11日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第13節でアビスパ福岡と対戦し、3-2で勝利した。この試合後にMF井上潮音選手がインタビューに答えた。井上選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 6 井上潮音選手】
――試合を振り返ってください。
「なかなか今までのように自分たちがボールを持つ時間も少なかったですし、その中でたまたまというか運もあったと思いますし、こうやって勝つ試合もあるかなという感じです。」

――相手のキーマンとなった鈴木惇選手への対応を聞かせてください。
「試合前からキープレーヤーに上がっていましたが、前半はなかなか捕まえきることができませんでした。ハーフタイムには必ず捕まえようと話し合った中、後半は捕まえることができましたが、相手のボランチに対して自分たちのシャドーがプレッシャーに行くのかなど、プレッシャーの行き方は今日に限らず、自分たちの課題だと思います。」

――試合の締め方に関して5バックから4バックに変更しましたが、その手応えはいかがでしたか?
「いつもよりは最後までプレッシャーに行けたと思いますし、受け身になり過ぎることはなかったですが、ボールを奪った後のプレーであったり、キツい時間帯にいかにボールを持てるかという部分では成長していかないとダメです。今日は後半からヨンジ君やカジ君と前からボールを追える選手が入ったことで、後ろもラクだったと話していたので途中から入る選手であったり、前線の選手のプレスのかけ方はすごく大事だと思います。」

――後半に関しては味方を動かしながら奪い切るカバーリングやボールカットが印象的でしたが?
「試合を通して判断が遅かったり、周りが見えていない部分があったので、守備の部分でいかに貢献できるかを考えていました。あとは攻撃の場面でボールを持ったときはシンプルにプレーすることを心掛けてやっていたので、自分ができることを試合の中で見極めてやれたことは良かったです。」

――後半のボールを奪った後のプレーに関しては比較的渡辺選手と近い距離感で打開を試みようとする場面も目立ちましたが?
「コウタはボールを持てる選手なのでそこでボールを持とうという考えはありましたが、そこでちょっと急ぎ過ぎたりした部分もあったので、もっと落ち着かせてボールを持つ時間を長くすることも必要でした。相手の出方次第で4点目ということも考えていましたが、チームの疲れ具合を見ると、ボールを持つべきでしたし、そういう判断は修正すべきところです。」

――勝てている状況で新たな課題に向き合っていくことはチームを前向きに進めてくれると思いますが?
「それはすごくポジティブな課題と言うか、勝ちながら修正していけるので、前向きに取り組めますし、楽しくというかポジティブに取り組めることは大きいです。」

――今日の試合では最前線の選手が変わって少しやり方も変えたと思いますが?
「人が変わることで全く同じサッカーはできないので、変わったコウヤが得意なプレーであったり、生かし方は少なからずあると思うので、そういう部分を意識しながらチーム全体がやっていければいいと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.