★藤本寛也選手「W杯に行く前にとにかく勝てて良かった」



東京ヴェルディは5月11日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第13節でアビスパ福岡と対戦し、3-2で勝利した。この試合後にMF藤本寛也選手がインタビューに答えた。藤本選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 4 藤本寛也選手】
――U-20ワールドカップに向かう前に勝利で飾ることができましたね。
「とりあえず、勝利できて良かったですし、ここで勝利するのと負けるのでは自分の評価もだいぶ変わってくると思いますが、とにかく勝てて良かったです。」

――先制点の場面では渡辺選手との良い関係性が出ましたね。
「あれはまずコイッチが競り合いに勝ってくれたことで自分のところにボールが流れてきました。そこから仕掛けてカットインしてシュートを打とうという考えでしたが、コウタ君が走ってきたときには極力使うことを意識しています。去年から良い関係を築けているので、あそこはボールを出しました。もう一度自分のところにボールが戻ってくるか、コウタ君が1人でなんとかしてくれるという部分であそこはパスを出して正解でした。」

――後半途中から最前線の位置でプレーすることになりましたが?
「ほぼぶっつけ本番に近い感じでした。初めはゼロトップのような形で引いてプレーするイメージでしたが、監督からは最前線でボールを収めたり、守備でしっかりやってほしいという指示だったので、とにかく前線でボールを収めることと、守備のところではユウヘイ君と縦関係のようなイメージで相手に前進させない守り方を意識していました。」

――左に流れてからうまく間を抜くパスで小池選手の決定機を演出するプレーもありましたね。
「ああいうプレーをどんどん増やすことが自分の最前線での役割だと思っていたので、ああいう形をもっと出せれば良かったです。」

――相手左サイドバックの輪湖選手への対応という部分で前半途中から小池選手とサイドを入れ替えましたが?
「相手に中と外をうまく使い分けられていて中にもボールを入れられた中、自分がファウルした場面もクサビを入れられた結果だったので、自分自身あまり外に行く場面を作れなかったです。そこの守備の部分はワカ君と話し合いながら修正すべきでした。」

――サイドを変えたことで奈良輪選手のオウンゴールに繋がるクロスの起点となる場面もありました。
「左サイドに移って守備もやり易くなりましたが、攻撃では奈良輪さんがサイドで高い位置を取ってくれるので、自分は中に入ってユウヘイ君と奈良輪さんの良い関係性から崩す場面を前半から作れていました。後半に入ってああいうシーンがありましたが、なるべく追い越してくる選手は使った方が良いと思っていますし、奈良輪さんは運動量があるので、良い場面が作れました。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.