★李栄直選手「自分の中でなかなか味方を助けてあげられなかった」



東京ヴェルディは5月11日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第13節でアビスパ福岡と対戦し、3-2で勝利した。この試合後にDF李栄直選手がインタビューに答えた。李選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 17 李栄直選手】
――最前線での起用となりましたが?
「自分があの時間帯に入るということは守備の仕事を求められていたと思っています。練習の中ではやったことのないポジションだったので、自分の感覚を意識してプレーしました。」

――守備面では前線からの守備が機能していたと思いますが?
「味方がしんどい思いをしながらやっていた中、どうにかして助けてあげたいという気持ちでやっていましたが、自分の中ではなかなか助けてあげられなかったと思うので、自分自身への腹立たしさでいっぱいです。」

――前線で身体を張る仕事はできていたと思いますが?
「今日のプレーでそれができていたと考えるならば、それは自分的に甘いと思います。もっと身体を張ってみんなをラクにしてあげなければダメだったと思います。同時に個人としてフラストレーションが溜まっていた中での今日のプレーでしたが、その内容に納得できていません。チームの勝利は一番ですが、個人としては自分の出来に不満です。これまで仲間に対して厳しいことも言ってきた中、その自分がパフォーマンスで示すことができなかったので、それでは口だけというふうに取られてしまうので、もっと気を引き締めてやりたいと思います。」

――前線でうまくファウルをもらう場面も多かったですが?
「誘っていた部分もありますが、ただ単にヘディングで競り勝つばかりでは意味がなかったので、同じ状況の他のチームの試合を見ていた時に胸で収めたり、相手に競り勝たれてもクリアを小さくするとか、そういう部分を意識しましたが、それを仲間にうまく伝えることができなかったです。そこは自分のコミュニケーション不足でもあります。また、自分が入ったことで相手を追いまわすのは当然として、他を付いてこさせることができなかったので、少しバラバラの守備になっていたことは反省点です。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.