★林陵平選手「ぶっつけ本番も思ったより動けた」



東京ヴェルディは6月2日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第16節で京都サンガF.C.と対戦し、1-4で敗戦した。この試合後にFW林陵平選手がインタビューに答えた。林選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:FW 11 林陵平選手】
――投入後の役割に関して説明してください。
「今日はレアンドロと並ぶというか、[3-5-2]の2トップでしたが、僕が最前線で裏への動き出しなどで相手を釣ってレアンドロをフリーにする意識でした。」

――ベンチから窺っていた前半の戦いに関して率直な感想を聞かせてください。
「皆さんが見た通り、酷い出来でした。ボールにも行けないし、行かないわりに簡単にパスを通されてしまい、相手にやりたいことをやらせてしまっていました。」

――ご自身が入ってからどんな打開策を考えていましたか?
「まずは1点決まることによってチームは上向きになるので、後半に入ってシステムも変わって自分も入ったので、チームの士気を盛り上げるという部分で入りました。後半立ち上がりに関しては良い形で入れて1点も取れて流れは良かったですが、前半がああいう出来だとゲームは難しくなるので、立ち上がりから良いゲームをしないとダメです。」

――ここ数試合、チームとしてファーストディフェンスがうまくいっていない印象ですが。
「相手も後ろが多いので1トップのところでボールを奪い切ることは難しいですが、最低限どちらかのパスコースを切って後ろのために限定していく仕事は大事だと思います。自分がプレスの一番手となり、行くときは行くという姿勢を見せることがフォワードとして大事なことだと思います。」

――練習復帰後、ぶっつけ本番での実戦となりましたが、ご自身のコンディションはいかがでしょうか?
「1カ月半ぶりでぶっつけ本番でしたが、思ったよりも動けましたし、試合への入りもうまくいきましたし、個人的にはここからスタートを切るというか、コンディションを上げてやっていける実感はありました。」

――後半半ばに決定機もありましたね。
「コウタからのパスを受けたときに周りはオフサイドと思っていたようですが、僕自身は横に並びながら裏に飛び出せました。右足で少し角度がなかったですし、キーパーが前に出ていたので思ったよりもコースがなくニア上を狙おうと思っていましたが、そこはもう一回練習して次は決められるようにしたいです。フォワードなのでポジティブに考えてそういう得点チャンスに顔を出せることが一番大事だと思うので、個人的には復帰戦にしては動けたと思いますし、ここからコンディションも上がってくると思うのでチームのために頑張っていきたいです。」

――ご自身が起点となったゴールシーンは良い崩しだったと思いますが。
「あそこはナラが自分が足元でもらうふりをして裏にぬけたところを見てくれていたので、レアンドロに落としてサイドに展開する良い流れだったと思います。ああいう形を前半から出して行きたいです。ここ最近、ずっと負けなしで来ていましたが、逆に今日負けたことで反省して次に繋げていくことが一番大事だと思います。今日の敗戦自体はネガティブなことですが、今後に向けてはこの敗戦をポジティブに繋げていくことが一番大事だと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.