★ホワイト監督「恥ずかしいサッカーをしてしまった」



東京ヴェルディは6月2日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第16節で京都サンガF.C.と対戦し、1-4で敗戦した。この試合後にギャリー・ジョン・ホワイト監督が公式会見に出席した。ホワイト監督の会見コメントは以下の通り。

【試合後監督コメント: ギャリー・ジョン・ホワイト監督】
――試合を振り返ってください。
「前半はかなり恥ずかしいサッカーをしてしまいました。相手にスペースを与え過ぎたところ。単純にファイトできなかったところ。また、パッションを感じない、そういった前半でした。個人のところで簡単にボールを失ってしまったり、一対一のところで簡単に負けてしまいました。そういう部分が少し目立つ前半でした。ハーフタイムにこちらが思っていることはすべて選手たちに伝えましたが、後半はようやく目を覚ましたのか、パスを回し始めてフォーメーションを変えたこともあり、自分たちがやるべきサッカーというところが少しできていましたが、後半から試合を始めるのは明らかに遅く、後半やったことを前半のうちからやるべきでした。今日の試合までは7戦負けなしということもあり、自分たちを含め選手たちに少し気が緩んでいたところが多少あったのかもしれません。この負けをしっかりと受け止めて、ここから切り替えてやっていけるようにしていきたいです。」

――試合の入り方に関して慎重に入ったというよりも、アグレッシブに戦えなかったという感覚でしょうか?
「当然、前半の立ち上がりからアグレッシブに行くということは自分たちのやりたい形でした。ただ、先ほども話しましたが、一対一のところで簡単に負けてしまったり、相手にリズムを作らせてしまうようなミスを自分たちから起こしてしまいました。後半の立ち上がりから切り替えることができましたが、それでも試合というものはそう簡単に動くものではないですし、後半からでは遅いということを感じさせられるゲームでした。」

――負傷退場した渡辺皓太選手の状態を聞かせてください。
「今、チェックしている最中です。今、メディカルチームの下でチェックを受けています。」

――試合の入り方が難しくなった原因に関してより具体的に説明して頂けますか?
「もしかしたらプレッシャーがあったのかもしれませんし、前半は一対一で簡単に負けてしまうだとか、明確な理由に関してはなかなかわからないところです。今週のトレーニングを振り返っても1週間良いトレーニングができていたと思いますし、そういうところに関して今は細かく分析し切れていません。もちろん、見つめ直していく部分はあると思いますが、現時点で突き詰めていくのは少し難しいです。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.