★山本理仁選手「簡単なミスが出ていたことは反省」



東京ヴェルディは6月9日、白波スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第17節で鹿児島ユナイテッドFCと対戦し、1-3で敗戦した。この試合後にMF山本理仁選手がインタビューに答えた。山本選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 20 山本理仁選手】
――守備の部分でパフォーマンスをどう感じますか?
「インターセプトを狙うところだったり、もう少し前の選手を動かして限定させて、自分がボールを獲るシーンは増やせたのかなと思います。」

――守備は最終ラインの間にボールを入れられるシーンが多かったですが。
「自分の背後にふたりいて、どっちが出るかというシチュエーションですごく難しかったのですが、自分が2トップを動かしてひとつに絞って、その中でバチンと取りどころを決めたかったです。」

――相手のキツイところに縦パスを入れていましたが、リスクを負ったのですか?
「監督から縦に入れろと練習から言われていることなので、前半に右サイドでカジ君からパスが出た場面など、相手は僕が後ろを見ていたから緩んでいたと思ったので、入れようと思います。」

――一方でミスも少し多かった印象です。苦いスタメンデビューでしたか?
「前半もそうですし、後半も疲れがあったので簡単なミスが出ていたことは反省ですね。ゴールに絡むこともできなかったですし、恐いプレーも増やしていかないといけないですし、次に使ってもらえた時に今日の課題を克服して、もっと良いプレーを見せられたらと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.