★井上潮音選手「これから自信を持ちながら得点を狙っていきたい」



東京ヴェルディは7月6日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第21節で横浜FCと対戦し、2-3で敗戦した。この試合後にMF井上潮音選手がインタビューに答えた。井上選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 6 井上潮音選手】
――ゴールシーンを振り返ってください。
「抑えようと思って打った結果、ラッキーな形でしたが、ああいうゴールに繋がって良かったと思います。あそこはフリーでボールを持てていたので、サイドに展開する選択肢もありましたが、打とうと決めて打ちました。」

――前半に関しては守備の部分でも良いプレーが出ていたと思いますが。
「相手のレアンドロ・ドミンゲス選手とイバ選手はチーム全体で警戒していましたが、2失点目なんかはあれだけ時間を与えてしまうとやられてしまいますし、結局3失点しているのでチーム全体として反省すべきところは大きかったです。」

――2点目のところでは相手を複数引き付けてから永田選手にうまくパスを通す素晴らしいプレーだったと思いますが。
「うまく崩せたと思います。シンプルな形でしたが、あそこのサイドであの位置を取ることは効果的だと思うので、うまくタクさんが走り込んでくれていたと思います。得点し易いパターンでした。前線はレアンドロや仁君、優平さんとの連係は今週強調してやってきた部分でそこの形は出せませんでしたが、これから先に出して行きたいです。それに加えて今日のようなサイドからの崩しを改善できれば、もっと点も増えていくと思います。」

――2試合連続ゴールを記録するなど得点への意識が高まっているように感じますが。
「今年に入った段階から意識している部分です。また、PKでしたが前節の得点で自信も付いてきましたし、そういうものが今日の得点に繋がったと思います。これから先もその自信を持ちながら得点を狙っていきたいです。」

――数試合前に失点が続いたことで今の並びに変えた中、今日の試合で再び大量失点を喫したという点についてどのように捉えていますか?
「今日に関しては3失点共に防げる失点だったと思います。ボールの獲られ方であったり守備以前の問題も多くあるので、天皇杯もありますが、次の試合までの短い期間に修正して向上していきたいです。」

――今日の戦いで前半戦を終えることになりましたが、ここまでの戦いを振り返ってください。
「最低限のプレーオフ圏内に入るという部分でも勝ち点が足りないと思いますし、ここからもうひとつギアを上げてやっていかないと厳しいと思いますし、ひとつも落とせないという気持ちで毎回準備して上に上がっていきたいです。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.