★小池純輝選手「より成長が求められる後半戦に」



東京ヴェルディは7月6日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第21節で横浜FCと対戦し、2-3で敗戦した。この試合後にMF小池純輝選手がインタビューに答えた。小池選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 19 小池純輝選手】
――ゴールシーンを振り返ってください。
「後半から並びを変えて前が3枚の形になってポジションが上がっていたので、クロスに入っていく意識を強く持っていました。(永田)タクがうまく上げてくれたという感じでした。」

――先制点を奪った後にペースが落ちてしまった印象でしたが。
「結構、自分たちのミスで流れを失ってしまい、相手に勢いを与えてしまった場面が多かったです。1失点目に関しては僕のところでの対応など、個人の問題もありましたが、チームとしてもったいないというか、先制した後の戦い方に関して足りない部分があったと思います。」

――3失点目からご自身のゴールが生まれるまでの時間帯に攻撃面でミスが目立ってカウンターを浴びる場面が多かった印象ですが。
「それは前半から自滅というか、自分たちから相手に勢いを与えてしまう場面が1回や2回ではきかなかったと思うので、そこは自分たちで改善できる部分でもあるので反省したいです。やっぱり、3失点してしまうと非常に厳しくなるので守備の部分は要改善です。」

――ミドルレンジのシュートに関して寄せが甘い場面も見受けられました。
「2失点目、3失点目のところは真ん中の位置でアプローチにいけないシーンが多かったので、シュートの素晴らしさもありましたが、自分たちで変えられる部分なのですぐにでも変えたいです。」

――無失点試合と今日のような大量失点の試合では球際や守備の粘りという部分で大きな違いが見受けられました。
「粘り強く守備ができていたり、球際で戦える試合では失点しないですが、今日のような試合では一歩寄せるとか、シュートブロックに行くという部分で足りなかったのは事実です。それが戦術的に行けなかったのか、自分たちの意識で変えられたのか、それはやっているときと改めて試合を見返す中で印象が変わるかわかりませんが、そこは変えていかないとダメです。相手はプロの選手なのでフリーにしてしまえば良いプレーもしますし、そこはどんどん制限をかけたり、注意深くやっていかないとダメです。」

――監督は守備を重視した週や試合と攻撃を重視した試合の中で少しバランスが取り切れない部分があると話していましたが。
「個人的にはそういう感覚はないですが、攻撃も守備も繋げて考えないといけないものですし、どちらか片方しかできないとサッカーにはならないので、自分たちは両方の部分でまだまだ足りないところが多いのかなと捉えています。1試合できてもそれを継続していけていないので、強いチームになるためには自分自身を含めてもう一段階上にスケールアップしていく必要があります。」

――攻撃面ではチャンスを作って得点を奪うという部分である程度成果は出ていると思いますが。
「ゴールを奪うところではある程度毎試合取れていますし、自信を持っています。ただ、さっきも話したように攻撃も守備と切り離せない部分ですし、ある程度点を取れれば失点しても構わないというわけではありませんし、しっかりと守ってしっかりとゴールを奪うという当たり前のことですが、難しいところでもあるので、突き詰めていかないと厳しくなると考えています。」

――今日の戦いで前半戦を終えることになりましたが、ここまでの戦いを振り返ってください。
「失点をゼロで抑えられたり、点を取れたりと、シーズンの序盤にうまくいかなかったところが、ここ最近の試合では間違いなくできるようになってきていますが、今日の試合ではそれができない部分が多かったと思います。自分たちのやるべきことをできるという試合を増やしていかないとダメです。今日は勝てたけど次は負けてしまうというのを繰り返していては上に行けないと思うので、より成長が求められる後半戦になると思っています。継続は大事なので前半戦でできたところは継続してやっていきたいと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.