★永田拓也選手「アシストできたのは次に繋がる部分」



東京ヴェルディは7月6日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第21節で横浜FCと対戦し、2-3で敗戦した。この試合後にDF永田拓也選手がインタビューに答えた。永田選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 22 永田拓也選手】
――古巣との初対戦を振り返ってください。
「前半は自分たちのやりたいサッカーを内容面では見せられていましたが、ワンチャンスだったり、相手の前の選手の質の高さはわかっていましたが、そこを抑え切れずに一瞬の隙を突かれてしまい、決められてしまいました。そこは反省点です。後半はオープンな展開の中で良い形で攻められた時間もありました。失点のシーンはチーム全体でよりコンパクトにしていく必要がありました。」

――先制点を奪った後にペースが落ちてしまった印象でしたが。
「先制して少し受け身になってしまったと思います。あそこで前から行って変わらずに戦えていれば良かったのかなと思います。相手が失点したから前に出てくることはチームとして想定していた部分ですし、隙を見せればやられてしまうとわかっていましたが、一息ついてしまった部分があったので、もうこういうことがないようにしていきたいです。」

――ご自身としては攻撃面で周囲との連係がだいぶ良くなってきた印象ですが。
「徐々に周りと合ってきていますし、自分の良さを出せてきていると思います。今日もうまく中に入っていて相手に当たりましたが、(小池)エーコさんにアシストできたので、そこは次に繋がると思います。」

――アシスト場面は狙い通りの形でしたか?
「エーコさんは見えていましたが、そこではニアで相手の足が出てくるのが見えていたので、実際はモンちゃん(レアンドロ)狙いでした。」

――試合終盤にダイレクトでの決定的なクロスなど、低くて速いクロスを意識していたように見受けられましたが。
「下がスリッピーだったので、上を狙ったボールよりも下の方がチャンスになりそうな感覚がありました。速いボールだったりも意識できていましたが、点に繋がらなかったのは少し残念でした。」

――2失点目ではレアンドロ・ドミンゲス選手に対して難しい対応になりました。
「自分は大外から付く形になりましたが、レアンドロがボールを持つと一発があることはわかっていましたし、誰も行かない中で自分が行きました。ボールを奪い切れれば良かったですが、僕が行った後に誰かがサポートに来てくれると思っていましたが、最終ラインに吸収されるような形になっていました。あそこはチームとして押し上げるべき場面でした。後ろに人はいましたが、シュートに行かれてしまったのでシュートブロックに行くというのはやるべきでした。」

――今日は途中から移籍後初めて4バックの左でプレーしましたが、感覚は問題なかったですか?
「ヴェルディに来てからは初めてでしたが、左のウイングバックもサイドバックもできるので問題なくやれました。追いかける展開だったので前に重心を置いていましたが、守備でも切り替えを速くして守れていたと思います。特に問題はなかったです。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.