★佐藤優平選手「今日は守備がハマらなかった」



東京ヴェルディは7月6日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第21節で横浜FCと対戦し、2-3で敗戦した。この試合後にMF佐藤優平選手がインタビューに答えた。佐藤選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 9 佐藤優平選手】
――試合を振り返ってください。
「今日は守備がハマらなかったです。前半の入りは良かったですが、その後がダメでした。自分たちが先制点を取った後から相手にボールを持たれてしまったので、前線からのプレッシャーがより重要だったと思います。先制する前も自分たちでボールを持てていたので良かったですが、相手がボールを持った時にはあまり良い形でプレスをかけられなかったです。後ろの選手は身体を張って球際で勝ってくれていたので自分たちのリズムでやれましたが、前からの守備はいまいちハマっていなかったです。後半も自分たちが点を取りに行く中で前から奪いに行くのはマストでしたが、なかなか厳しかったです。」

――先制後の試合運びにも課題が出ましたね。
「本当は点を取った後が一番集中するのがマストでしたが、一対一で外されてしまったり、局面を打開されてしまったのは反省点です。これで前半戦を終えましたが、J2で最も大事なのは後半戦だと思っています。」

――今日は3点目を取れなかったことよりも3失点したが敗因でしょうか?
「3失点のところです。シュートを打たれる回数も多かったです。個人的には今日レアンドロの近くでプレーすることを意識していましたが、あまりポケットでボールを受ける場面が少なかったです。ただ、自分たちの形はポケットだと思っているので、次からはうまくバランスを取りたいです。」

――今日の先制点までの展開を試合を通して継続できればという感じでしょうか?
「それに加えてイージーミスを減らすことができれば、もっと緊張感のある試合にできますし、今日のような形の失点は減ると思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.