★内田達也選手「全員の力不足というか素直に完敗」



東京ヴェルディは7月10日、味の素フィールド西が丘で行われた2019天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会2回戦で法政大学と対戦し、0-2で敗戦した。この試合後にMF内田達也選手がインタビューに答えた。内田選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 8 内田達也選手】
――試合を振り返ってください。
「全員の力不足というか、90分を通して相手が自分たちを上回っていたと思います。素直に完敗です。」

――試合を通して厳しい内容になりました。
「前半どころか90分を通してうまくいかなかったです。普段、練習で一緒にやっているようなメンバーで僕個人としては練習からチームとして良いプレーはできていると思っていたので、それを今日の試合で出せればという気持ちで臨みました。ただ、みんな力を出せなかったです。力を出すべきところで出せなかったことはみんなの責任です。もっとうまくやれると思っていましたが、90分を通してうまくいかなかったです。とにかく悔しいです。」

――相手の力が想定よりも上だったという感覚でしょうか?
「それももちろんありますが、やっぱり自分たちの問題です。やったことのある相手ですし、大学生のアグレッシブな戦い方というのはわかり切っていた部分でもある中、今日のようなプレーしかできなかったことは、全員が反省しなければならない点です。」

――チームとしての共通意識が足りなかったように感じられましたが。
「そこはもっとうまくやらなければいけなかったです。今日はそこができなかったことが悔しいですし、力不足だと実感しています。相手のプレッシャーだったりで自分たちがミスをしてしまい、とにかく同じミスを繰り返してしまい、修正ができなかったです。後ろから声もかけていましたが、その声で変えられなかったですし、そこはピッチ内で起こっていることに対して、もっと自分たちで感じて改善していくことができず、ずるずると行ってしまいました。」

――後方からのビルドアップがうまくいかなかった原因をどのように捉えていますか?
「いつもであれば、みんながより流動的にボールを受けられる選手がいますが、今日に関しては相手を背負っていたり、動きも少ないと思っていました。それでも、足下で繋いでいこうという考えでしたが、そこでミスが重なってしまい、後ろは少し割り切って長いボールを蹴るという考えでした。長いボールを蹴ることに関しては普段あまりないので、前の選手としては急に蹴られてもという部分はあったかもしれません。」

――これだけ相手にボールを握られる展開は想定していましたか?
「まったく想定していなかったです。自分たちがボールを握っていくというイメージで試合に入っていましたし、それをしないといけなかったです。それができなかったという事実はしっかりと反省して今後に向けて個人個人が実力を付けていかないといけない、という感じです。今日は守備も攻撃も自分たちでアクションを起こすことができなかったです。そういう部分で試合を難しくしてしまいました。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.