★ホワイト監督「自分たちの持っているモノを出し切れずに試合を終えてしまった」


東京ヴェルディは7月10日、味の素フィールド西が丘で行われた2019天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会2回戦で法政大学と対戦し、0-2で敗戦した。この試合後にギャリー・ジョン・ホワイト監督が公式会見に出席した。ホワイト監督の会見コメントは以下の通り。

【試合後監督コメント: ギャリー・ジョン・ホワイト監督】
――試合を振り返ってください。
「前半立ち上がりからスローなスタートになってしまいリズムを向こうに取られるような形になってしまいました。こちらはまず3バックで臨んで立ち上がりからリズムを作ろうと考えていましたが、向こうの前から来るプレスに対して5バック気味になってしまい、どんどん後手を踏んで後ろでプレーする時間が長くなりました。後半に関してはフォーメーションを変えて少し異なるものを入れて行こうと考えていた中、2失点してしまいました。当然、相手の方がかなり試合に対するモチベーション、勝利への強い意志が勝っていると感じました。今までなかなか出てこられなかった自分たちの選手たちがそれぞれの良さを出していく良い機会だと考えていましたが、なかなか自分たちの持っているモノを出し切れずに後半も時間が進んでしまい、最終的に90分間を終えることになりました。」

――自分たちの良さを出し切れなかったという部分に関して組織としての問題を感じていますか?
「今までずっと同じメンバーで戦ってきて、今日の11人で常に戦ってきたわけではないので、そういう部分でのすり合わせの難しさはありました。こういうカップ戦で自分たちの良さを出し切るということに関しては日本に限らず、どこでも難しいもので、特に下のカテゴリーとの対戦においては難しさもありました。リーグが一番優先すべきものであり、それに向けて何人かの選手を休ませたかったという部分もありました。」

――今日の敗戦はこれからのリーグ戦にも影響があるものでしょうか?
「リーグが最優先という部分もありますし、今日の試合に勝って次の金沢戦を迎えたかったというのが、正直な気持ちです。ただ、自分たちのあまり出ていない選手たちに今日はチャンスがあり、チーム全体の底上げに繋げていこうと思っていましたが、今日はそれができなかったというのが正直な感想です。リーグのこれからの試合、シーズン全体に悪影響を及ぼすようなものではないと思いますし、次からのリーグ戦を一戦一戦大事に戦っていきたいと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.