★内田達也選手「あのまま終わらせないといけない試合」



東京ヴェルディは8月11日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第27節で鹿児島ユナイテッドFCと対戦し、3-3で引き分けた。この試合後にMF内田達也選手がインタビューに答えた。内田選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 8 内田達也選手】
――2センターバックでの先発出場でしたが、意識した部分を聞かせてください。
「間違いなくビルドアップのところを求められたと思います。もちろん、守備のポジションなので守備の役割は当然ですが、自分があそこで起用されたということに関してビルドアップの貢献が求められていたと思いますし、そこを意識していました。」

――守備面では幾度か良い形でのインターセプトがありましたが。
「あれはポジション関係なく自分の持ち味でもあるので、出せればいいなというところです。ああいうところを出せたので、個人的に自分のコンディションが良いと思いますし、ああいうシーンを増やしていきたいです。」

――前半終盤にはそのまま攻撃に出て行って惜しい場面もありましたが、あれはひとつの狙いでしたか?
「あれができれば一番いいですし、相手が狙ってくるところなので、ああいうところで自分が意図を読んで引っくり返せれば、チームとしても個人としても増やしていきたいです。」

――逆転した後の試合の終わらせ方で苦労しました。
「もちろん、全員が試合を終わらせる気でいましたし、終わらせないといけない試合でした。そこは反省点ですし、このままではいけないと思っています。」

――ファーストプレスを剥がせるシーンが増えてきましたが。
「そういう意味で先制点が大事です。また、2点を取られた後でしたが、チームとして3点を取る力はあると思うので、とにかく失点を減らすことをしていかないとダメです。自分は今守備のところで出ているので、そこはしっかりとやっていきたいです。あとはチームとしてもっと相手を圧倒して自分たちの守備の時間を減らしていきたいです。」

――守備の対応の部分で簡単に押し込まれる場面が目立っている印象ですが。
「そこは寄せの甘さがあると思います。どうしても攻撃に特長がある選手が多いチームなのでもっと後ろの選手が声をかけていく必要があります。サッカーは守備も重要なので、自分たちが守らなければいけない時間も必ずあるので、そういうときに押し返せるようにもっと後ろの選手が声をかけて、チーム全体でもっと強く当たっていかないとダメです。チームとしてやるべきことは多くあります。それがこの順位にいるという部分でもあるので、少しずつでも課題を克服していきたいと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.