★井上潮音選手「僕だけでなくチームとしてやりたい形のゴール」



東京ヴェルディは9月8日、味の素フィールド西が丘で行われた2019明治安田生命J2リーグ第31節でレノファ山口FCと対戦し、4-0で勝利した。この試合後にMF井上潮音選手がインタビューに答えた。井上選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 6 井上潮音選手】
――ゴールシーンを振り返ってください。
「あれはチームとしての形ですし、練習からやっていた形だったのでそれが出せて良かったかなと思います。今日の試合に入る前からあの形で点を取れる感覚はありましたし、練習からあの形が出ていたので、僕だけでなくチームとしてやりたい形があれなので、それを表現できたことは良かったです。」

――守備の寄せ方など前節からの修正ができていたと思いますが。
「最終ラインが上げることが大事ですし、今日意識したのはボランチであったり、サイドハーフの選手たちのところのセカンドラインを上げるということを意識してやっていました。その中で上げるにしても後ろのパスコースを切りながらの対応が大事なので、そこはチームとして意識してやっていました。」

――左のワイドストライカーの位置でのプレーでしたが。
「最近はあそこをやることが多いですし、初めの頃よりは立ち位置ややることが整理されていると思います。それが今日の試合で少し形になったと思います。ただ、何処で出たとしても監督が求めていることやチームに必要なプレーができればいいと思います。右と左は今日に関して自分と(ジャイルトン・)パライバだったので、役割も異なります。僕がボールを持ったら(森田)晃樹が裏へ抜けて、モンちゃん(レアンドロ)も空いてくるので、そこに当ててという形や晃樹にもう一度当ててやり直すなど、個で打開するというよりも周囲との連係で崩していくイメージでした。僕は自分1人で何かできるタイプではないので、晃樹やモンちゃん、奈良輪さんをうまく使えればというイメージを持っていました。今週は練習から頭の中が整理できていたので、今日の試合は必然というか、練習でできていたことが出せていたと思います。練習からやるべきことを整理してみんなで競争してやっていくことが大事だと思います。」

――後半はフロントボランチに移りましたが、フィニッシュの場面に顔を出す機会も多かったですね。
「後半もチャンスがありましたし、監督からも言われましたがあと2点ぐらいは取れたと自分自身思っています。そういうところの精度だったりを、向上心を持って取り組むべきだと思います。」

――ここ最近リードを奪ってからの試合運びに課題がありますが今日はいかがでしたか?
「もうちょっと押し込んだ中でボールを回したかったというのが本音です。ただ、相手のいないところを攻めるという部分で、相手が前に出てきたときに裏のスペースを使っていくという部分は良かったと思います。ただ、そこで攻め切るだけでなく、もうちょっと相手を押し込んだ状態でボールを動かしたかったです。自分たちの体力面を考えてももう少し考えながらプレーした方が良かったと思います。」

――台風の影響で開始時間が3時間前倒しになった影響はありましたか?
「選手は前日から準備する時間がありましたが、サポーターの方々はこういう状況にも関わらず、試合を観に来て頂いたので本当に感謝しています。そういうサポーターの方々に今日は良い試合を見せようと試合前から話していたので、それができてすごく良かったと思います。」

――今季最多の4ゴールはチームにとって自信になりそうですか?
「この点差というか、このスコアが理想的なものだと思います。ただ、今日の試合に関してはまだまだ点を取ることができたと思います。それでも、これを良いキッカケにこういう試合を増やしていきたいと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.