★山本理仁選手「僕の右足よりかは精度が高かった」



東京ヴェルディは9月8日、味の素フィールド西が丘で行われた2019明治安田生命J2リーグ第31節でレノファ山口FCと対戦し、4-0で勝利した。この試合後にMF山本理仁選手がインタビューに答えた。山本選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 20 山本理仁選手】
――積極的にボールを奪いに行くプレーが目立っていましたね。
「先週の試合の課題が、セカンドラインや後ろのラインが低いということだったので、今週の練習では前からボールを奪いに行くということを課題にやっていました。それが試合で出せていたと思います。あの位置でインターセプトできれば、ワンパスでゴールに繋がると思うので、ゴールのシーンもカウンターだったり、少ない手数でのゴールが多かったので、今週の練習が試合にちゃんと出せて良かったと思います。」

――4点目の場面ではシュート体勢を取りながらジャイルトン・パライバ選手に横取りされるような形になりましたが。
「僕もインサイドに置いて右足で打とうと思っていたところで、かっさらわれてしまったので、そこに関してはちゃんと言いました。(笑) ただ、僕の右足よりかは精度が高かったと思っています。(笑) もちろん、譲ったわけではなく打とうと思っていました。まあ結果オーライです。」

――ジャイルトン・パライバ選手の活躍は想定内でしょうか?
「フルピッチでのゲームはそれほどやっていなかったので、あんなにスペースがある中でのプレーはそれほど見ていなかったです。本当に一対一の局面を作ってあげれば、ほとんど勝てますし、あそこはチームのストロングになると思います。」

――その一方で、あれだけ個が強力だとそこに依存してしまう危険性もあると思いますが。
「あれだけ一対一が強いので僕のサイドチェンジのボール一本で仕掛けさせる形も想像できます。ただ、前半の最後の方に感じたのは、仕掛けて勝てることは強みですが、あそこでボールを失ってしまうと、シャトルランのような速いゲーム展開になってしまうので、そこは真ん中の3人であったり、後ろの選手がコントロールしていく必要があるのかなと思います。」

――カウンターの威力が増した一方、行ったり来たりの展開はやや気がかりなところだと思いますが。
「展開が速いということは自分自身感じていました。ただ、ブラジル人選手が前にどんどん行ってしまうと、ある意味しょうがない面はあります。押し込んでボールを持つ時間も個人的に作りたいと思っているので、そこはブラジル人選手たちと意思を統一していく必要があると思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.