★永井秀樹監督「選手たちの日々の努力が結果に繋がり嬉しい」



東京ヴェルディは9月8日、味の素フィールド西が丘で行われた2019明治安田生命J2リーグ第31節でレノファ山口FCと対戦し、4-0で勝利した。この試合後に永井秀樹監督が公式会見に出席した。永井監督の会見コメントは以下の通り。

【試合後監督コメント: 永井秀樹監督】
――試合を振り返ってください。
「まず今日は台風の影響で開始時間が3時間も前倒しとなった中、非常になかなかリリースがすべての方々に伝わったわけではないと思いますが、それでもこれだけの数のお客さんが西が丘に来てくれたことに心から感謝しています。そして、ゲームに関しては今週もそうですが、自分が監督になってからずっと継続してやり続けていることが、少しずつではあすか、選手は本当に理解してくれて、ほぼ毎日ミーティングもしています。練習時間に関してもこれまでの倍以上やっている中で、笑い話になりますが、ブラジル人の選手たちからは『本当にこのチーム大丈夫か?』という声も上がる中でも本当に全選手が新しいものを学んでみんなで新しいものを作っていく取り組みをしてくれていることが監督としては有り難いことです。選手たちの日々の努力がこうして勝利という形で結果が出たことは非常に嬉しく思いますし、改めて選手たちに感謝を伝えたいです。今日はちょっと(森田)晃樹がアクシデントと言いますか、あれは選手のことを考えれば、ああいうファウルはどうなのかなと思います。彼は恐らく脳震とうで2週間プレーできないことになってしまいますが、頑張っていただけに残念に思います。また、2週間後にさらに強くなって帰って来る晃樹を楽しみにしたいなと思います。」

――今日非常に機能したカウンターに関して相手の分析が嵌ったという感覚でしょうか?
「すべてプラン通りだったと言いますか、自分が就任してから一貫して言っていることですが、相手のいないところを攻めるというだけなので、そういう意味で山口さんの両サイドバックが高い位置を取るならば、そこには人がいない、じゃあそこを攻めるだけだという話はしています。伝え方のところを少し気を遣っていて、自分自身カウンターという言葉が好きではありません。守って守ってのカウンターは自分はやらないという中、人のいないところを攻めるというプランを考えた結果、相手が前がかりになっている、両サイドバックのところに人がいない。じゃあ、そこは早く行かないとねという感覚です。そういうことで我々はカウンターという言葉を使わず、“コントラ”という言葉を使っています。“コントラアタッキ”という意味でどんどんチームにブラジル人選手が増えているので、ポルトガル語が増えています。もう、日本語はなくなりそうです。(笑)」

――井上潮音選手を左のワイドストライカーとして起用した狙いを聞かせてください。
「もちろん、どの選手も期待値は高いですが、その中でも潮音に対する期待値は高いです。彼も自分が監督になってから一生懸命やってくれていますが、少し頭の中がパンパンになってしまうという状況の中で色々と戦術メモリを増やしています。その中で内側のポジションは立ち位置であったりが難しく見えますが、ワイドでは特に張っているところからスタートすると、少し彼の考える事柄が減ると言いますか、より整理された状態でプレーに入れるという狙いもあって外で起用しました。非常に想定通りの活躍をしてくれたので、改めて良い選手だなとは思いますし、彼の活躍を嬉しく思います。選手たちには何処からでも誰からでも崩せるように、攻撃の形を作っていこうという中で毎日やっています。あの得点はまさに形通りでしたし、素晴らしいゴールだったと思います。」

――今日デビュー戦で大活躍だったジャイルトン・パライバ選手の評価を聞かせて下さい。
「映像で確認させてもらった中で実力は間違いないないですし、まずはこのタイミングで彼を獲得してくれた球団にまず感謝したいと思います。見てのとおりと言いますか、期待通りの活躍をしてくれました。自分の感覚では現役時代に一緒にやったフッキに近い感じがあり、またここからさらに楽しみだと感じています。素晴らしい活躍だったと思います。」

――現在のトップチームにおけるワイドストライカーに求める一番の要素を聞かせてください。
「まずは相手の守備陣を下げるということです。そして、コンパクトに守りたい相手の守備を広げるということです。その2つがまず求めている役割です。我々は68メートルの幅を使って攻撃したいですし、深みを取って厚みも取りたいと考える中でワイドストライカーの重要性は大きいです。ただ、そこは自分がユースを率いていた時代と変化はありません。もちろん、ジャイルトンにボールが渡った際には個の優位性がありますし、その中で相手の守備がスライドしていく中で更なる数的優位性ができてきます。そこは自分にとっても嬉しい部分です。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.