★『新しい価値をともに創る コーポレートパートナー募集』のお知らせ




■なぜ募集を行うのか
東京ヴェルディ、日テレ・ベレーザでは、今シーズンそして来シーズン以降で共に「新たな価値を創出する」コーポレートパートナーを募集いたします。長くJ2の時代が続き、サポーターの皆様だけでなく、企業様の期待に対しても十分に応えられているとは思っていません。

それでも、年々多くのパートナー様に期待して応援していただき、先般のリリースでご報告させていただいたパートナー様も含めて、今ではその数150社を越えました。あらためて、すべてのパートナー様に感謝を申し上げます。ありがとうございます。

また、シーズンをともに戦うサポーターの皆様におかれましても、パートナーDAYでの横断幕などをはじめ、日頃のサポートに心より感謝しております。ありがとうございます。

私たちはそれぞれの企業様が「何に困っていて」「何を目指しているのか」、そもそも「東京ヴェルディ(日テレ・ベレーザ)に何を期待しているのか」について、全力で向き合い社内外問わず議論を積み重ねてきました。

その結果、2019シーズンだけでも25社を越える新たなコーポレートパートナー様と、ともにシーズンを戦いながら様々なアクティベーションにチャレンジさせていただいています。

これからも企業様1社1社と真摯に向き合い、応援いただいた価値以上をお返しする、そんなチャレンジをしていきたいと考えています。

【ご一緒しているパートナー様の事例】
・エンタテイメント / 社員の成長機会提供 / スタジアム演出やイベントにおけるクリエイティブ制作及び実証実験

・インフラ / 企業イメージ向上 / ホームタウン活動の共同実施や他パートナーとの共同イベント開催

・コンサルティング / 事業とのブリッジ / 資本連動含む協業や人材の派遣

・メーカー / 女性・子供支援 / 育成年代のメニーナセリアスの支援や自社製品の提供

・学校教育機関 / 学生の成長機会提供 / スタジアムでのインターンシップやボランティア活動



■まずはディスカッションから
1社1社ヒアリング、ディスカッションを通して、やりたいことや課題に対して『東京ヴェルディ(日テレ・ベレーザ)だからこそできるソリューション』を提案させていただいています。

▼プロモーション
・ユニフォームや看板を新しい広告チャネルとして

・17種目の競技チームや提携している海外クラブなどを活かした施策

▼ブランディング
・17種目の競技を活かした健康や運動イベントの実施、ホームタウンエリアでの地域活動、ヴェルディに重ねた自社ストーリーの展開

・採用活動の支援、ヴェルディのチャネルを活かしたターゲティング、人材育成のための講演

▼CSR
・地域活動や共同で行う環境への取り組み、育成年代への支援サポート

・ホームタウン活動の実施や自治体を巻き込んだ取り組みによって、地域との連携を深める施策

▼マーケティング
・スポーツやアスリートのデータ、現場の声を活用した商品開発やマーケティング

・ヴェルディをプラットフォームとする、他業種の既存パートナー様とのビジネスマッチング

・自社事業とのブリッジを目的とした、コンテンツや商材のテスト機会提供、市場調査・リサーチの場として

▼福利厚生
・自社、グループ会社、協力会社の社員様やご家族に向けた、福利厚生としての健康や運動イベントの実施、栄養指導

■見えてきたサッカークラブができること
今シーズンよりスタートしたパートナー企業様との対談企画『ONE FLAG ~パートナー企業と共に創る新しい価値~』。

なぜヴェルディのパートナーになったのか?どんな変化があったのか?どうやって社内を説得したのか?など、「東京ヴェルディのコーポレートパートナーになった価値」について、企業様の目線からお話をいただいております。



【対談記事①】 株式会社イーグランドと東京ヴェルディ
https://www.verdy.co.jp/page/241

【対談記事②】スカイライトコンサルティング株式会社と東京ヴェルディ
https://www.verdy.co.jp/page/299

【対談記事③】 Xtra株式会社エムールと東京ヴェルディ
https://www.verdy.co.jp/page/367

【対談記事④】株式会社エムールと東京ヴェルディ
https://www.verdy.co.jp/page/420

【対談記事⑤】 株式会社ショウエイと東京ヴェルディ
https://www.verdy.co.jp/page/490

■パートナー企業の皆様に、もっとできることがあるはず
『ヴェルディを通して、企業の事業発展に貢献したい』

東京ヴェルディ パートナー営業部ではビジョンを掲げて活動しています。「サッカーの力でパートナー企業様の役に立つにはどうすれば良いのか」と日々会話をしながら、決まったメニューを提案するのではなく、ヴェルディが何をできるのかを考え、1社1社に合ったオリジナルの提案を創出しています。

2019シーズンにはその成果が少しずつ見えてきました。ですが、「ヴェルディができること」はまだまだあると思っています。ビジネスとして価値のあるパートナーシップを率先して産み出すクラブになる為、今後もより一層チャレンジしていきます。

ヴェルディは日本サッカー界のパイオニアとして、歴史や新しい文化を創ってきました。その精神を受け継ぎながら、サッカー業界におけるビジネス面でもチャレンジを続け、ともに発展できる新しい文化・パートナーシップのあり方を創造していきたいと考えております。このようなチャレンジにご興味のある企業様と、まずはディスカッションさせていただきたく思っております。

■問い合わせはこちら
パートナー営業部 担当:佐川、日笠
TEL: 044-946-3074
MAIL: partner@verdy.co.jp



戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.