★若狭大志選手「クサビのパスはストロングのひとつ」



東京ヴェルディは10月5日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で行われた2019明治安田生命J2リーグ第35節でファジアーノ岡山と対戦し、1-2で敗れた。この試合後にDF若狭大志選手がインタビューに答えた。若狭選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 2 若狭大志選手】
――攻撃時は3バックの右、守備時は4バックの右センターバックという役割でしたが。
「自分がボールを持った際にはクレビと数的優位を作れるということ。また、カジのポジションが空くということはわかっていたので、そこに通すパスは積極的に狙っていました。」

――梶川選手へのクサビのパスは非常に効果的でした。
「そこは自分のストロングポイントのひとつだと思っているので、出せる場面では良いボールを配球できるように心がけていました。」

――1失点目は後半入りのバタバタした時間帯でしたが。
「1失点してからも落ち着いて点を取ろうと思っていましたが、追加点を逆に与えてしまいました。それでも、そこから同点、逆転とゴールを狙っていましたが、それができずに悔しいです。」

――チームとして試合中に幾度かシステム変更がありましたが、ご自身のプレーに影響はありましたか?
「僕自身、やることに変わりはなかったので、相手をしっかりと見ながらサッカーをできればいいなという気持ちでやっていました。」

――この時期にしては珍しい厳しい暑さでしたが。
「それは相手も同じなので。逆に、湿度がなかったのでそこまで影響は感じませんでした。」

――先制点以降、試合をコントロールできた一方、徐々にフィニッシュが減っていった印象ですが。
「もっと相手をちゃんと見ないといけないと思いましたし、時間帯に限らず相手が前から来ていたのなら、後ろが空いてくると思いますし、スペースがあるところにしっかりとパスを通したり、数的優位を生かすような良いサッカーができればと思っています。」

――セカンドボールの競り合いで劣勢の場面が目立ちました。
「相手は簡単に背後に入れてきていたので、ディフェンスラインだけでなくてセカンドラインもプレスバックしてセカンドを拾うという部分はチームとして統一する必要がありました。」

――今季初の3連敗と厳しい状況が続いていますが。
「やっていることは間違っていないので、あとはピッチの中の僕らがしっかりと良いサッカーができれば勝てると思うので、しっかりと切り替えてやっていきたいと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.