★内田達也選手「もっと自分のところでうまくやれれば」



東京ヴェルディは10月5日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で行われた2019明治安田生命J2リーグ第35節でファジアーノ岡山と対戦し、1-2で敗れた。この試合後にMF内田達也選手がインタビューに答えた。内田選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 8 内田達也選手】
――攻撃時は3バックの左、守備時は4バックの左サイドバックという役割でしたが。
「自分がうまく順応できていたかは上から見ていた人がどう感じているのか。また、自分自身映像で確認したいところでもあります。やっている中でうまくビルドアップできているという感覚はそこまでなかったです。守備の面ではサイドバックというところで少し難しさもありました。個人的にはもっと自分のところでうまくやれれば、もっとゲームの展開や結果も変わっていたと思いますし、重要な役割だったと反省しています。」

――前半終盤から交代するまで中盤のポジションに移っていましたが。
「前半途中に外からの指示で変わりました。リヒトも自分も両方のポジションでやれますが、その中で少し立ち位置に変化を加えたかったのか、という感覚です。」

――中盤に移ってから圧力を強めた相手に対して少し難しそうにプレーしていた印象ですが。
「あのポジションでは前から来ている相手に対して窮屈になるのは当然だと思っています。その中でもっと簡単に相手を裏返すようなやり方も必要だったかなと思います。失点も相手のショートカウンターの形で、あの位置でボールを奪われてという流れでした。」

――今日の敗戦に関して自分たちがうまくいかなかったという感覚でしょうか?
「先制点を取れて相手が出てくれば、そこを攻めるという感覚でした。そういう意味でもっとうまくやれたかと言われれば、やれたと思います。ただ、何と言っていいか難しいです。」

――守備のところではセットプレーからの失点がようやく止まりましたが。
「ただ、結果2失点していますし、どういう形での失点かはあまり関係ないです。まだまだ改善点は多いです。」

――相手が長いボールを蹴っていたという部分もありますが、セカンドボールの競り合いで劣勢を強いられました。
「そこは相手の方がこれまでそういうサッカーをしているぶん、そこに対するリアクションに慣れているというふうに感じました。ただ、ハーフタイムにもそういう指示を受けましたが、もう少し自分たちが拾えればという気持ちはありました。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.