★永井秀樹監督「勝負どころに弱い」



東京ヴェルディは10月5日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で行われた2019明治安田生命J2リーグ第35節でファジアーノ岡山と対戦し、1-2で敗れた。この試合後に永井秀樹監督が公式会見に出席した。永井監督の会見コメントは以下の通り。

【試合後監督コメント: 永井秀樹監督】
――試合を振り返ってください。
「久々にホームに帰ってきて、多くのホームサポーターが応援してくれた中で勝利を目指して選手たちは本当によく戦ってくれました。内容的にも我々がやろうとしていることは6割、7割できていたと思います。もちろん、まだまだなところも多いですが、徐々にできることは増えてきていると感じています。ただ、今日に関して特に感じたことは勝負どころに弱いというか、少しふわっとする時間があるといいますか、その辺の部分はサッカーの本質ですが、そこが足りないと感じています。」

――前節、先発出場の河野広貴選手がベンチ外となった理由を聞かせてください。
「負傷が少しありました。それに伴いプラン変更を施す形になりました。ただ、彼(李栄直選手)が十分に頭から出るというプランもやっていましたし、どちらのプランを選択しても個人的には問題はなかったところです。」

――若狭大志選手の起用や並びを含め李栄直選手をスタートから起用するにあたって微調整を施したという印象でしょうか?
「そうですね。やっぱり、あのポジション(フリーマン)は自分にとって非常に重要なポジションである中、レアンドロが入るときもやり方が違いますし、河野選手が入るときも違う。さらに、李栄直が入るときもまた変わります。それぞれの特性を生かしながらプラン自体も変わってくる部分はあります。真ん中により中盤に下りてくるというよりも、相手を引っ張るプレースタイルという部分でより速く前線に5枚が立つと考えたとき、若狭選手は非常にクサビのパスに関して精度の高いボールを入れられるようになってきているので、そこはプランのひとつでした。」

――バタついた後半立ち上がりに関して並びも変更していましたが、当初の入りのイメージを聞かせてください。
「ポジション変更による混乱はそこまで感じませんでしたが、入りの部分に関しては試合が90分ある中でどうしても気が抜けてしまう部分があります。そこは今日最も強く感じた部分です。色んな戦術をやっていくひとつ前の部分、セカンドボールへの反応だったり、当たり前のことを当たり前にやれていないところは、失点した時間帯にも出ていたと思います。そこはすぐにでも改善しなければならないと感じています。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.