★永井秀樹監督「まだまだ課題が残る試合」



東京ヴェルディは11月2日、レベルファイブスタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第39節でアビスパ福岡と対戦し、0-2で敗戦した。この試合後に永井秀樹監督が公式会見に出席した。永井監督の会見コメントは以下の通り。

【試合後監督コメント: 永井秀樹監督】
――試合を振り返ってください。
「試合まえからのスカウティング通りというか、我々の中では想定内のアビスパさんに5-4のブロックを敷かれて守られてというのは想定内だったのですが、そこで我々がやりたかったこと、賢く引き出しながら崩していくということが90分通して上手くやれなかったことが一番の敗因かなと思います。そこからのカウンターやセットプレーのところも、十分注意しながら準備をしてきたつもりではありますが、そこもまだまだ課題が残る試合ではありました。相手を押し込む、我々がボールを保持してゲームの主導権をとるということは少しはやれるようになってきたことは成長ではあると思います。ただ、サッカーというのはゴールをとるゲームなので、最後のところの崩しであったり、相手を見てきちんとはまだまだやれないというのは現状の課題だと思います。残り3試合で、改善して積み上げていけるように、また選手たちとやっていきたいと思います。福岡まできてくれたサポーターの皆様に、もっと面白く、もっとワクワクする試合をお見せしたかったのですが、それができなかったことは非常に申し訳なく思います。」

――「相手を見る」というところは、選手たちはやることはできていたように見えました。プラスアルファ、何が必要でしょうか?
「基本的に相手のどこを引き出すか。引き出したらそこを狙う、入っていく、ということだと思います。まだまだそこが個人としてもチーム全員の共有するところからしても、全然できていないなと思います。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.