★田村直也選手「名残惜しさより最後の試合で勝ちたかった」



東京ヴェルディは11月24日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第42節でFC岐阜と対戦し、5-1で勝利した。この試合後にMF田村直也選手がインタビューに答えた。田村選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 23 田村直也選手】
――持ち味の球際の守備は健在でした。
「ピッチがこれだけ濡れていれば、ワンタッチで来るとか予測ができるので、そこは経験でカバーできました。今日に関しては攻めであれだけうまくやってくれれば、全体で10回ぐらいを気を付けてやればというような感覚でした。それをうまく凌げればという感じでした。最後の失点はしっかりと気を引き締めろという戒めになったと思います。この先今季のチームは一度解散になりますが、キャンプなど準備を経て新しい選手が来て、こういうベーシックをさらに上積みする強力な個がたぶん加わると思うので、そこは楽しみです。」

――今日の90分間についてどのような心境でしたか?
「正直、早く終わってほしかったです。勝ちたかったので。全然、名残惜しいとか思っていなくて、とにかく最後の試合で勝ちたいという気持ちでした。今日に関しては内容も求めていた中で相手の事情もありますが、自分たちとしてはやりたいことができました。ジョエルが入ったことでリスクマネジメントも素晴らしかったですし、逆に一列上がったカジもより生きていたと思いますし、そこはパライバや純輝、モンちゃんも含めてうまく機能していたと思います。」

――最後にはキャプテンマークも巻きましたが。
「周りに巻かされた感じでした。個人的にはいらなかったですが、指名されたこともあったので。これから先、今季は寛也がキャプテンを任されてケガでかわいそうな形になりましたが、彼は熱い気持ちを持った選手ですし、今後誰が任されるかはわかりませんが、より競争というか、ユースだからとかではなく、これから新たに来る選手がやってもいいと思いますし、良い意味で競争してほしいです。」

――最後まで何かを吸収したいと話していましたが。
「改めてウチのコンビネーションで崩すという形は良いですし、前にパスを付けられなくても自分が角度を変えることで出せるとか、練習では普段からやっていますが、それをゲームで出せるのは勉強になりました。ギリギリで判断を変えるとかはこういうピッチでしか味わえないことなので、そこは指導者というか、今後に向けてプロはやめますが、サッカーは辞めないのですごく理想を求めていきたいと思いました。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.